記事

日本は「アメリカ」と「中国」のどちらを取るのか?

■習近平氏の国賓来日は「中止」が正解

 中国政府が「香港国家安全維持法」を施行したことで、自民党(外交部会)は、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた習近平氏の国賓来日を中止する方針を固めたらしい。

 この判断は人道的にも至極当然のことだと思う。ズルズルと延期するよりも、キッパリと中止にすることが望ましい。来日は秋頃に延期する予定となっていたそうだが、その頃にはコロナの第2波が来ているかもしれないので尚更だと言える。

 中国政府には表向き、「コロナ」を理由にして断ればよいと思う。「今後、数年間はウィズコロナと言われているので国賓で招くのは無理です」と言って、徐々にフェードアウトすることが望ましい。

 しかし、自民党も一枚岩ではないようで、意見が真っ二つに分かれているらしい。事実、親中派の政治家達は今回の方針に反発している。

 現在の日本は、“アメリカを取る”か“中国を取る”かを問われている状態にある。アメリカが中国排除の姿勢をこれまで以上に強めている状況下で、日本が中国の国家主席を国賓で招くというような行動に出ることはアメリカとしても決して気分の良いものではないだろうし、「日本(アベ)は何を考えているのか?」と訝られることは間違いない。

■鵺国家からの脱皮を迫られている日本

 もし、「我々(アメリカ)よりも中国を取るというなら、米軍を日本から撤退させますよ」と言われれば、日本は終わってしまう。

 「そんなことは世界が許さない」と憤る人がいるかもしれないが、国防を他国にアウトソースしているような国は日本以外に無いし、世界の人々は日本という国にそれほど強い思い入れがあるというわけでもない。

 日本が中国に呑み込まれたとしても、「ああ、あの中国と同じ人質司法の国だろ、そんな国なら中国と仲良くやっていけるんじゃないの」というぐらいにしか思われていないかもしれない。

 

 実際、香港問題に対しても日本人の多くは未だ他人事であり、「ああ、あの中国から一時的に独立していた国だろ、そんな国なら中国と一緒になっても問題ないんじゃないの」と呑気に思っているような人も大勢いるのではないだろうか。

 現在は新しい冷戦が目に見える形で始まろうとしている分岐点にある。無論、主役はアメリカと中国だ。この新たな冷戦体制で日本はどちらの体制に入るのかを遠からず迫られることになる。

 今回の自民党の発表は、前者であるアメリカを取るという意思表示とも受け取れるが、親中派は逆のことを考えているのだろう。

 日本は「自由主義」を取るのか、それとも「社会主義」を取るのか、あるいは、「民主主義」を取るのか、それとも「共産主義」を取るのかを目の前に突き付けられている状態にある。

 これまでのように騙し騙し、両方のイデオロギーを取り入れ、鵺の如く立ち回る中途半端な姿勢の矯正を余儀無くされている。ある意味、これも新型コロナウイルスが齎した時代の趨勢なのかもしれない。

 日本はどちらを選択するべきなのか? 答えは既に決まっている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。