記事

木村拓哉 斎藤工とバディ組む『BG』で引き立て役の新境地

木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(公式HPより)

斎藤工と木村拓哉との年齢差は9

 日本のテレビドラマの世界の中心に長らく位置し続けてきた俳優・木村拓哉。今回の作品は、やや位相の異なる印象を視聴者に残すものになるかもしれない。五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

【写真】革ジャンに黒いパンツ、スニーカーという出で立ちで新年会に向かう木村拓哉

 * * *
 木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系木曜午後9時)はスタートダッシュと思いきや、第3話が放送されるその前に「7月いっぱいで終了」という報道が出てびっくり。ギリギリ7月30日まで放送された場合でも、なんと全7話に短縮されてしまう予定だとか。制作現場を思うと同情を禁じ得ません。

 コロナで撮影が延期になりスタートが遅れただけでなく、そもそも巨大イベント・東京五輪にあわせたボディガードもので特別な警護をする颯爽としたカッコイイ姿を描き出すはずだったろうに。まさしくコロナで多大な影響を被った作品です。

 でも、環境的には悪い条件だけではないはず。新型コロナによってテレビドラマへの関心が高まった。自宅に留め置かれた視聴者は画面に向かい、再放送作品も話題に。中でもガッキーの特別編『逃げ恥』は注目度を上げステイホームの人々を癒やし、逃げ恥ロスの再来現象となりました。つまり、ドラマの新しい役割や視聴の楽しみが再認識されたタイミング。それなのになぜ、『BG~身辺警護人~』は勢いを失い始めたのでしょうか。

 このドラマでキムタクが演じる島崎章は「弱き者の盾になる」という使命を貫くヒーロー。シーズン1ではチーム警護の一員でしたが、今回は組織を飛び出して独立し、私設ボディーガードとして奮闘しています。

 何よりも前作と違う点は、「斎藤工とのバディ物語」になったこと。島崎の背中を追うようにして警護会社をやめた高梨(斎藤工)は「島崎警備」の門を叩いた。そう、バディとして二人が横に並べば並ぶほど、自然に目がいくのが、皮肉にも二人の「違い」です。

●体型 タッパがありガタイの良さが目立つ斎藤さんと、小柄で痩せている木村さんの体型の対比が浮き彫りに。

●胸板 斎藤さんの胸板の厚みはスーツという衣装を輝かせるのに最適。仕立て屋は「スーツは肩と胸で着る」と言っていましたがまさしくそのもの。比較するとどうしても木村さんの胸板は薄く見えてしまいます。

●声の質 深く低い響きのある斎藤さんの声はボディガードとしての安心感にもつながる。比べて木村さんの声は低音の響きが少なくて包容力では劣る。

●年齢 活き活きとした若さや躍動感を感じる斎藤さんに対して「おっさん」と呼ばれる木村さんの成熟ぶり、老いに気付かされる。

 つまり、バディものとは「二人の対比を見よ」ということ。斎藤さんの格好良さが際立てば際立つほど、年を重ねた木村さんの現実も浮き彫りに。必ずしもマイナスではありません。むしろ、斎藤工を輝かすための木村拓哉という新しいポジション、つまり「他の人を輝かせる引き立て役」になれるのだとすれば新境地でしょう。

 以前、木村さんはドラマを通して学ぶこととして、インタビューでこう語っていました。

「 表向きだけではなくて、そのバックヤードを知ることもあって。それは時に汚れた面だったり、人が知らない陰の努力だったりする。例えばホテルにお邪魔する時、ヘアサロンを訪れた時、飛行機に乗った時、国会議事堂や検察庁の前を通った時、そのバックヤードが垣間見えるような感覚を覚える瞬間はあります」(Yahoo!ニュース 特集2018年8月18日)

 そう、今回のキムタクはいわばバックヤード的センスを学び、優秀なスタッフを輝かせて的確な指示を出せるマネージメント、いわば成熟した役柄への挑戦です。頬がこけてフケてきたキムタクのわびさびにこそ、バディものBGの見所があるのです。

「わび」という言葉の根元には「思い通りにならないつらさ」があり、「さび」という言葉は「生命力の衰えていくさま」を示す。けれど日本文化においてはそれこそが特有の美しさや価値を持つのです。

 贅沢を言えば、ストーリーに関してもっとショボさがあって良かった。一話完結で難問を解決してしまうスーパーヒーロー的要素ではなく、やればやるほど問題がこんがらがり悩む職業人の姿があったらよかったのに。前作で評価が高かった『グランメゾン東京』(TBS系2019年)は、どちらかといえばそういうタイプの物語で、11話をかけて一つの課題を乗り越えていく、という苦悩ものでした。

 というのも新型コロナの時代、「スカッと問題解決なんて実は無い」「嘘くさい」ということにみんなが気付いてしまったから。一気に解決できない複雑な問題をジワジワ、ジリジリ時間をかけ解いていくしかないことが現実だと思い知らされた。その意味では、スーパー派遣社員・大前春子がズバッと問題を解決してしまう『ハケンの品格』(日本テレビ系水曜午後10時)がやはり第2話以降に数字が落ち、見放されつつあるのと同じことかもしれません。

 ドラマは時代を映す。今こそ単純な問題解決モノではなく、生活の中に横たわる問題を視聴者と共有しながら、少しずつ改善策を探っていくようなドラマが求められているのではないでしょうか。一言でいえば「スカッと」ではなく「ムズムズ」しながら、最終的な解決としての「キュン」が求められているのだと、ステイホームが教えてくれました。

あわせて読みたい

「木村拓哉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  2. 2

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  5. 5

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  6. 6

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  7. 7

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  10. 10

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。