記事

反日デモは中国共産党解体の端緒になるか

今回の中国のデモは表向き反日デモだが、背景には共産党内部の対立があることはほぼ確実ではないかと思う。

共産党内では秋の党大会の実質的な主導権を巡って、激しい権力闘争が繰り広げられていると見られる。8月に行われた北戴河会議での派閥抗争の激しさは、NYタイムズ他各紙が報道した通りだろう。
(結局、次期指導者や党大会の重要方針などは決まらなかったようだ。)

中国当局はネット上の情報流通制限や報道内容の変更によってデモをある程度コントロールできるが、どの程度コントロールするか、できるかについての不確実性は必ず残ってしまう。

火をつけることは簡単だが、燃え広がった山火事をどのタイミングでどの程度消すのか、消せるのかについては誰も適切な回答をもつことができない。

7月末に起きた啓東のデモも「消す」タイミングがブレており、当局、というか党内の認識のズレが見て取れる。
群衆が政府庁舎を占拠し、公安車両をひっくり返し、市のトップの上半身を裸にしたり、市長に抗議Tシャツをむりやり着させたり、といったレベルまで「容認」してしまったのは、当局の統一意志がとれずに、判断が遅れたためだと見られる。
当初、地元警察がデモに同情的だったのも「暴走」を許した原因だが、視点を変えると、地方ー中央の認識のズレが露呈したとも言える。

このデモの最大の成果は当局に(デモの目的であった)工場排水計画の見直しを認めさせたこと自体ではない。「民衆」が政府庁舎を暴力的に奪うことができるという事実をさらしてしまったことである。
時系列で並べると、当局が工場排水計画の見直しを回答した後、政府庁舎への乱入が始まっていることは「民衆」の目的が何であったのかを示唆している。

このデモは日本の王子製紙がまずやり玉にあがり、「民衆」側に「愛国者」の免罪符が与えられたうえで、政府当局を「売国奴」とラべリングして追い込むという構造をとっており、これは今回の尖閣デモと同じである。

啓東の場合は、もともとがローカルマターであり、情報統制も最後には効いたので、全国区まで拡散しなかったが、今回の尖閣デモは当局がコントロールできるレベルを超えている可能性がある。

啓東のケースを考慮した場合、「民衆」の向かう先は最終的には政府当局であり、もしこれを政府当局内の一部が容認しているのなら、これはもはやクーデターと言うことができるのではないか。

もう一つ、ズレを指摘しておく。

中国のデモは党が関与する唯一の労働組合(全総工会)がある程度コントロールしているところがある。
例えば、去年ホンダの工場で起きた賃上げデモでは、「妥協点」を超えるレベルでは労働者に自制を強いている。http://www.zenshin.org/blog/2010/06/post-911.html
ところが、すでに「妥協点」を超えていると思われる今回の尖閣デモに関しては13日に声明を発表し、領土主権への断固たる行動を支持している。

このような「日本」をダシにしたデモが頻発し、「民衆」対党政府の対立図があぶれ出されてくる時期がいつなのか、予断を許さない。


蛇足
無論、デモの「民衆」は中国国民のごく一部であるが、「愛国者」「売国奴」のラべリング(とリーダーの出現)により、大きな構造決定要因になりうる。少なくとも、歴史的に後から見て、「あ~あの時の動きはこれを先取りしていたんだなあ」となる可能性は十分にある。

あわせて読みたい

「中国反日デモ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。