記事

GPIF18兆弱赤字。しかし年金給付に影響はない

「GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人は、ことし1月から3月の運用実績が過去最大の17兆7072億円の赤字となり、昨年度1年間でも8兆2831億円の赤字になったと発表しました。GPIFは「運用は長期的に行っており、累積では収益があることから年金給付には影響しない」としています」(3日付 NHK NEWS WEB 「公的年金の積立金運用 1~3月 17兆7072億円の赤字 過去最大」

コロナショックの影響をもろに受け、GPIFの運用資産評価額は1-3月期に18兆円近く減った。

いつもなら大きな話題になるニュースのはずだが、4月以降株価が大きく戻っていることや、東京での新型コロナウイルスの新規感染者数が2日連続で100人を超えたという大きなニュースがあったこともあり、扱いは極めて小さくなっている。確かに4月以降の世界的株価の反発によってGPIFの運用資産評価額は12兆円程度増えていると推計されるが。

「累積では収益があることから年金給付には影響しない」(同)

確かに現時点ではGPIFの運用収益は年金給付に使われていないので「年金給付に影響しない」。しかし、それは「累積では収益がある」からでも「長期運用」だからではない。

なぜGPIFは「GPIFの運用資産は年金給付に使われていないから年金給付に影響はない」と説明しないのだろうか。それは、近い将来「GPIFの運用資産を年金給付に使う」ことになっているからだろうか。

「財務省は3日、2019年度の国の税収総額が18年度に比べて約2兆円少ない58.4兆円になったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて企業収益が落ち込み、法人税が約10.8兆円と前年度比で1.5兆円程度減少した」(3日付日経電子版「昨年度の税収2兆円減、法人税1.5兆円落ち込み」

年金給付という点ではこの「2019年度の国の税収総額が18年度に比べて約2兆円少ない58.4兆円になった」というニュースの方が重要だといえる。その理由と詳細は拙著「202X金融資産消滅」で。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  4. 4

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  5. 5

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  6. 6

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  7. 7

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  8. 8

    関心すら持たれぬ野党は自業自得

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    10万円給付コスト「ありえない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    履歴書を回し見された…退職検討

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。