記事

自由を担保すればどうしてもこうなる 小池さん、西村さんのジレンマと尾身さんの人間的凄さ

昨日57歳の誕生日をむかえました。まだまだ少し変わった医師としていろいろ発信していきます。

それにしても新規感染者124人ですか。いやはや止まりません。そして全然出ていなかった鹿児島でも。本当このウイルスは今までの教科書否定しまくりですね。

小池さんの東京アラート廃止発言もほとんど空振りですし、彼女の危機管理能力、リスクコミュニケーション能力が透けてしまいましたが、仕方ないでしょうね。それぐらい難しいウイルスです。

PCR検査の数の増加、症状のない人の拾い出し含めて患者が増えるのは当たり前なのですが、検査の陽性率も上がっています。まあ無症状感染者は本当に多いんでしょうね。そしてそんな人に限って抗体は上がらない。本当細胞性免疫による集団免疫はどこまでできているのか、そして彼ら若者は本当に重症化しないのか少しドキドキしながらみています。

まあまだ増え始めてから数日ですので評価は少し待たなければいけませんが、若者中心の感染者増加のため重症化する人は少なくまだ病床に余裕はあり、そして当たり前ですが死亡者は増えていません。日テレNEWS24の「データとグラフで見る新型コロナウイルス」からの図になります。

この死亡者が少ないことが崩れますと、また緊急事態宣言が発動するのでしょう。

いろいろありますが、小池さんのお願いという方式は日本という国では仕方ないんですよね。吉村大阪知事のやり方は情に厚い大阪だからできるのであって、東京では総スカンくらってしまうでしょう。

2日の西村さんの切れたような発言もメディアから叩かれてましたが、3日は尾身先生を携えて少し落ち着いて話されてました

そこでの尾身さんの言葉

「メリハリのついた感染対策、みんなでやるという感覚が大切」
「データのリアルタイム、集めるスピードのギャップをなくすことがとても大切」
「夜の街に無理やり強制で検査等するより、本人たちに共感を持たせて検査を行った方が、長い目でみてきっと役に立つ。」
「保健所機能の強化 オールジャパン」

本当この方は素晴らしい学者、いや人間ですね。

そして今後の経済と感染対策のバランスについての具体策、どこまでの感染なら許容できるための今後の検査体制のメリハリについて述べていました。

一般市民を3つのグループ分けでの検査体制を
「1 症状が出てるグループ 唾液による抗原検査
 2 事前確率の高いグループ 無症状でも徹底的にやる 夜の街 院内感染
 3 事前確率の低いグループへの検査 今後どのように行うか決定する」

そしてクラスター対策の改善
「疫学情報のより迅速化としっかりした分析に耐える情報をあげることがクリティカル」

政治家は一生懸命ついていってください。

児玉先生があの村上世彰氏と抗体検査についてまた貴重な発表をされていました。それはまた明日以降に。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    未だ35% 内閣支持率の高さに驚き

    早川忠孝

  6. 6

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  7. 7

    政局睨む与野党の駆け引きに辟易

    若林健太

  8. 8

    前日銀委員 収束前のGoToは無駄

    ロイター

  9. 9

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    白鵬お怒り 阿炎が夜の街で豪遊

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。