記事

【28年間で初】正義連の慰安婦像前「水曜集会」が2週連続開けず…三つ巴“陣取り合戦”の顛末 - 名村隆寛(産経新聞ソウル支局長)

 ソウルの日本大使館前で28年間、毎週水曜日に続けられてきた慰安婦問題を日本政府へ抗議する「水曜集会」が、2週連続で別の場所に移ることを余儀なくされた。

【画像】6月24日の集会で掲げられた安倍首相と東京五輪を揶揄するプラカード

 元慰安婦の支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連、旧挺対協)の主催で1992年にスタートした同集会が場所を移して行われたのは、当然ながら初めてのことだ。

 彼らが集会を開けなかったのは、元慰安婦への寄付金や募金の使途をめぐり疑惑が続出している正義連を批判し、慰安婦像の撤去を訴える保守系市民団体「自由連帯」が7月中旬まで毎週水曜日に慰安婦像前で「像撤去要求集会」をすることを警察に事前申告したため。正義連は集会場所を変えざるを得なくなったのだ。

 しかし、その保守系団体も慰安婦像に近づけてはいない。学生団体「反安倍反日青年学生共同行動」が、慰安婦像を囲んで不法に座り込み、“反日の聖像”を2週続けて死守しているからだ。

ソウルの日本大使館前で慰安婦像を取り囲み座り込む学生団体のメンバーら(7月1日)(筆者撮影)

 日本大使館前には、そんな三つ巴の“無法地帯”のような光景が続いていた。

慰安婦像周辺で3団体が同時に集会を開く異常事態

 7月1日水曜日正午前、日本大使館前に向かうと、集会は3カ所に分かれて行われた。慰安婦像を囲んで「反日」を自称する学生団体。そのすぐ隣で保守系団体の自由連帯。さらに、慰安婦像をはさんで自由連帯と反対側で、正義連のメンバーが集まった。

 この3者の配置は、保守系団体の集会に反発する学生団体が慰安婦像を「死守する」と座り込みはじめた6月24日に続くものだ。この初日は雨が降る中、学生たち15人余りがレインコート姿ながらも、ずぶ濡れになって、互いに体をロープで数珠つなぎに縛り合い、慰安婦像を囲んだ。

 雨で冷えたのか、青ざめた顔で体を震わせている女子学生もいた。保守系団体が慰安婦像の撤去を強く訴えるすぐ横で、学生らはトイレにも行かず、1時間半以上、無表情で座り続けた。

 学生たちが座り込む周囲は警察官が取り囲んでいた。女子学生が多いせいか、女性警察官も多い。

「みなさんは申告もせずに歩道を占拠しています。不法行為であるため、退去するように。従わなければ、法的に対処します」

 警察は拡声器で、定期的に学生団体のメンバーに警告はするものの、それ以上の取り締まりに動くことはなく、座り込みは事実上黙認されていた。

参加者が減少した正義連の集会

 28年間にわたって大使館の正門前に陣取っていた正義連は、大使館の斜め前にある聯合ニュースの本社社屋前に押しやられた形だ。慰安婦像から10メートル余りの直近とはいえ、集会の動員人数は以前よりも確実に減っている。雨の中での「集会は続けます!」との叫び声は悲痛だった。

 学生たちが座り込んで取り囲んでいる慰安婦像は、2011年の水曜集会1000回を記念して、正義連が設置したものだ。その団体で長らく幹部、代表を務めたのが、この春に左派系与党「共に民主党」の1年生議員となった尹美香(ユン・ミヒャン)氏。開城の連絡事務所爆破など北朝鮮からの挑発が続いた6月以降も、韓国では、尹美香氏や正義連による元慰安婦への寄付金がらみの疑惑が、連日報じられている。

 最近では、認知症の元慰安婦の女性に「私に関するすべてを整理することを挺対協の尹美香代表に任せる」との遺言を残させ、その遺言動画が動画投稿サイトに掲載されていたとの報道が問題になっている。この元慰安婦が国民から受け取った1億ウォン(約900万円)の寄付のうち、5000万ウォンを正義連に寄付していたという。すべて認知症の薬を服用し始めた後だったそうだ。

「被害者のおばあさん(元慰安婦)に寄り添って」いたはずの尹美香氏だが、認知症の老女に寄り添って、搾り取るだけ搾り取ろうとしていた――この報道が事実なら、「被害者」である老女をさらに被害の奈落に突き落とすようなことを平然と行っていたことになる。

疑惑暴露の元慰安婦と和解?

 自らの疑惑で追い込まれている正義連。その疑惑を真っ先に暴露し、寄付金の使途などをめぐり正義連を批判、集会の廃止を求めたのが元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんだった。

 ところが、李容洙さんとの和解を、正義連は1日の集会で一方的に表明した。尹美香氏の後を継いだ李娜栄(イ・ナヨン)理事長は、6月26日に李容洙さんと面会し、「慰安婦歴史教育館」の設立などの共通課題を確認したと報告。李容洙さんは「元慰安婦が生存している地域の団体と水曜集会を行ってほしい」と述べ、自身も集会に出席する意向を示したという。

 さらに、李娜栄理事長は「李さんと正義連の間に入り、誤解と対立を煽る者がいる」とし、正義連を批判する保守勢力を批判した。

 ただ、複数の韓国メディアが李容洙さんの養女の話として報じたところによると、「李娜栄理事長の発言を伝え聞き、李容洙さんが激怒した」という。また、李容洙さんが水曜集会に出席する意向を示したというのも、「正義連の問題がすべて解決した後」の話だというのだ。

 正義連は自分たちの都合のいいように李容洙さんの発言を解釈して公表し、また一つ、墓穴を掘ってしまったようだ。

さらに“第4の団体”が現れた……

 このように疑惑続出で世論から冷ややかな目を向けられ、日本政府への抗議集会の場所をなくした正義連だが、さらに「水曜集会」には新たな横やりが入ってきた。正義連が過去2回集会を行った聯合ニュース本社前の場所に、新たな保守系団体が集会開催を申請したのだ。

「反日銅像真実糾明共同対策委員会」と称する保守系の市民団体が7月29日から毎週水曜日、正義連が現在集会を行っている場所での集会開催を地元警察に届け出たという。

 場所を押さえられた正義連は当然、また「水曜集会」の場所を変えざるを得ない事態に追い込まれた。日本大使館周辺はオフィス街で、集会の開ける場所も限られる。保守系団体が場所を押さえた7月29日は、正義連にとって1450回目の集会にあたる。1000回の集会で記念に慰安婦像を設置したが、それから500回目を目前にして、慰安婦像の前どころか、近隣での開催自体が危うくなっていた。

そして、行政によって集会は全面禁止に

 さらにそんな混沌とした状況の中で、行政が動き出した。7月3日、日本大使館前での集会が全面的に禁止となったのだ。理由は新型コロナウイルスの感染拡大の防止だという。

 地元のソウル市鍾路(チョンノ)区は、集会禁止区域として日本大使館周辺を指定し、当然、慰安婦像一帯も含まれている。感染症予防法に基づく措置で、禁止措置は感染の危機警報が「深刻」を解除されるまでだ。

 集会で混乱する現場に頭を悩ませる当局の“苦肉の策”の感もある。正義連はもちろん、保守系団体も集会が開けなくなる。

 だが、集会が禁止となった7月3日当日、日本大使館前に足を運んでみると、以前に比べて静かになってはいたが、左派の学生らはこの日も座り込みを続けていた。炎天の下、日傘をさして像から離れようとはしない。

 尹美香氏や正義連の疑惑も、ウイルス感染問題も座り込みを続ける学生らにとっては関係がないようだ。もはや彼らにとって慰安婦像を中心とした日本大使館前の路上は、彼らが生まれる前から集会が毎週続いている「聖地」。正義連本体の集会が慰安婦像から遠ざかることを余儀なくされても、正義連による慰安婦問題の教育が染みついた学生たちが、正義連に代わり決死の覚悟で慰安婦像を守っている。

 集会が当面、全面禁止となったソウルの日本大使館前だが、この夏は学生らによる慰安婦像周辺の「占拠」が続きそうだ。

(名村隆寛(産経新聞ソウル支局長)/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  5. 5

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  6. 6

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  7. 7

    未だ35% 内閣支持率の高さに驚き

    早川忠孝

  8. 8

    白鵬お怒り 阿炎が夜の街で豪遊

    NEWSポストセブン

  9. 9

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    政権批判で国民の不安を煽る朝日

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。