記事

独研究所、国内コロナ抗体検査を開始 感染の実情把握へ


[ロイトリンゲン(ドイツ) 3日 ロイター] - ドイツのヘルムホルツ感染症研究センターは3日、国内の新型コロナウイルス感染の実情と感染抑制策の効果を把握するため、南部ロイトリンゲンの住民約3000人の血液サンプルを用いた抗体検査を開始したと発表した。

検査は1年をかけて実施され、5種類の異なる抗体検査を行う。初回の検査から4カ月、8カ月後に国内の他地域で採取した血液サンプルも加え検査する。

暫定結果は秋ごろに明らかになる見通し。

同日時点のドイツの新型コロナ染者数は19万5674人。

米ボストン市とマサチューセッツ総合病院が5月に実施した抗体検査では人口の10%に抗体があることが示された。スペイン政府の検査では5%が新型コロナに感染していたことが分かった。これは公式発表の感染者数の約10倍に相当する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  8. 8

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  9. 9

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。