記事

インド、中国製電源装置・部品の輸入審査強化へ


[チェンナイ 3日 ロイター] - インド政府は、国内企業による中国製電源供給装置および部品の輸入を許可制にする。インドと中国は、国境問題で対立し、両国軍が係争地で衝突し死者も出ている。

インド電力省の通達は、「戦略的に重要かつ不可欠な電力供給システムとネットワークのセキュリティ、整合性、信頼性を守るため」中国製の電源供給装置や部品に全数検査を実施するとしている。

シン電力相は3日、州の電力相とのオンライン会議で「境界を越えてきて、我が国の兵士を殺害する国がある。容認できない」などと述べた。

ハルビン電気<1133.HK>などがインドの電力網の管理や関連機器を供給している。

インド企業は以前からセキュリティ上の懸念や、中国市場への参入障壁を挙げて、中国企業の電力市場参入に反対していた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。