記事

ユーロ圏総合PMI、6月改定値は封鎖緩和で48.5に回復 雇用は低迷

[ロンドン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した6月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は48.5と前月の31.9から大幅に上昇した。ロックダウン(都市封鎖)の緩和で事業再開が拡大し外出する人が増えたことが背景。速報値は47.5だった。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行による低迷からユーロ圏経済が目覚ましいスピードで回復しつつあることを示す内容だ」と指摘した。

さらに「景況感の改善を受けて第3・四半期の域内総生産(GDP)がプラス成長に戻るとの期待が高まる」との見方を示した。

6月のユーロ圏サービス部門PMI改定値も48.3と前月の30.5から大きく改善した。速報値の47.3から上方改定された。

キャピタル・エコノミクスのジャック・アレンレイノルズ氏は「6月の急上昇は経済活動の急回復を示すが、危機前に比べれば引き続きかなり低迷している」と述べた。

価格引き下げにもかかわらず需要は低調だった。サービス部門の雇用指数は43.9と5月の37.9から上昇したものの4カ月連続で50を下回り、依然低い水準にとどまっている。

ウィリアムソン氏は「企業は引き続き基調として需要が弱いとしており、経済見通しが不透明なため、支出や雇用に消極的で、なおリスクを回避している」と分析した。

アレンレイノルズ氏は「雇用指数は生産ほど回復を示しておらず、採用を増やすほど強い状況には遠いことを示している。雇用は依然として大幅な低迷となっている」との見方を示した。

一方、1年後の事業見通しは改善し、総合PMIの将来の生産を示す指数は前月の46.8から56.9へ上昇した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。