記事

「いきなり!ステーキ」運営のペッパーFS、米国子会社が破産申請

新型コロナの影響で売上が減少、営業再開の目途立たず

   「いきなり!ステーキ」などを展開する(株)ペッパーフードサービス(TSR企業コード: 292855524、墨田区、東証1部、ペッパーFS)は、連結子会社のKuni’S Corporation(本社米国、以下KC社)が、米国連邦倒産法第7章(日本の破産法に該当)に基づく破産を申請したことを7月3日、発表した。

 負債総額は約3000万ドル(予定、日本円約32億円)。

 KC社は、米国で「いきなり!ステーキ」を2018年までに11店舗展開していた。その後、業績不振のため7店舗を閉鎖し、残る4店舗はペッパーランチ事業に業態転換を進めていた。だが、新型コロナの影響で売上が減少し、3月18日から全店休業していたが、営業再開の目途が立たず、損失解消の見通しも立たないため、破産を選択した。

 ペッパーFSは、今後の見通しを「約30億円の債権をKC社に対して有しているが、すでに2019年12月期以前の業績に反映済みで、現時点において重要な損失の追加計上は見込まれていない」としている。

 同日、ペッパーFSは114店舗(予定)の閉店を決議したことを発表した。同時に、約200名の希望退職者の募集を7月6日から開始する。また、2020年12月期第1四半期の決算発表日を7月31日(金)とし、同時に第2四半期も発表する予定。

 ペッパーFSが、分離した(株)JP(本社・墨田区)の手がけるペッパーランチ事業の譲渡価格は85億円だが、一定の売上高目標を達成することを条件として最大102億円に増額し、J-STAR(株)(TSR企業コード:296639117、千代田区)の関連会社に事業譲渡する。ペッパーFSは、「(事業譲渡で)財務内容は大幅な改善が可能となる見通し。資金繰りについても、当面の間、問題なく対応が完了」としている。

あわせて読みたい

「いきなり!ステーキ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。