記事

米シティのコモディティ事業、相場乱高下で第1四半期収入が過去最高


[ロンドン 3日 ロイター] - 米金融大手シティグループ<C.N>の幹部は、同社のコモディティ(商品)事業の収入が第1・四半期は過去最高になったと明らかにした。新型コロナウイルスの世界的大流行を背景に原油などの商品相場が乱高下したことが増収につながった。

同事業のグローバル責任者、ホセ・コゴジュード氏はまた、最近の商品取引は落ち着きを取り戻したが、工業用金属を裏付けとする資金調達など、仕組み商品への関心はなお高いと語った。

同氏はオンラインセミナーで「第1・四半期に顧客の活動が過去最高水準となり、4月も続いた」と述べた。ただ、数字は示さなかった。

同社の広報担当者は、コゴジュード氏は第1・四半期のコモディティー関連収入の過去最高更新に言及していたと確認した。

シティグループが4月に発表した第1・四半期決算は、46%減益となった。ただ、取引手数料は急増し、コモディティを含む債券トレーディング部門の収入は39%増加した。

金融機関は通常、コモディティ関連収入だけを分けて公表しない。

コモディティの中でも原油価格は最も変動が大きくなっており、米WTI原油先物は4月20日にマイナス37.63ドルと、初めてマイナス価格を付けた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  2. 2

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  3. 3

    「半沢直樹」描かれる銀行の今昔

    大関暁夫

  4. 4

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  5. 5

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    深夜の出迎えに河野氏「ヤメレ」

    女性自身

  9. 9

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

  10. 10

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。