記事

中国およびイスラム圏でのデモについて

国家には、治安維持という基本的役割がある。その目的を実現する機関として警察がある。国家は警察力を行使することで、不確かな状況を安定化させることもできるし、完全な安定状態ではないが安定化に近い状態を維持し続けることもできる。つまり、警察は状態を制御する機能を持っている。 制御工学では、外乱の影響に対して、制御系の安定性や制御性能が保持される性質をロバスト性と呼んでいる。

ここで、このロバスト制御の観点から、現在のイスラム圏での抗議デモをパターン化してみる。

1.ロバスト制御を超えた国家
(1)デモが暴徒化し、死者が出る衝突事件が起きている。 <例>リビア(米国大使館員4人)、イエメン(デモ隊4人)、エジプト(デモ隊2人)

(2)デモが暴徒化して器物破壊事件が起きている(国際法に抵触する)。   <例>スーダン、チュニジア

2.ロバスト制御下の国家
(1)抗議デモが起きたが、大きな衝突が起きていない。
  <例>イラク、イラン、クウェート、インドネシア、パキスタン、バングラデシュ、マレーシア、インドネシア、パキスタン、バングラデシュ、マレーシア

(2)抗議デモが起きなかった国
  <例>カタール

  では、警察という制御系が現実の社会でうまく機能しない要因は何だろうか。

1つには、外乱の強さ(反米感情の強さ、経済面での不満、宗教心の強さなどに影響される)と方向性の問題が考えられる。2つ目として、警察機関の弱体化による機能低下の問題があるだろう。3つ目に、社会(制御対象)自体が警察機関では制御できないものに変化(ソーシャルネットサービスの発達、武器の拡散など)しているという問題が考えられる。  

今回の反米デモについて、暴徒化した市民が大きな衝突事件を起こした国と、「アラブの春」と呼ばれる政変との関係を結び付けた解説も見られている。
確かに、上記のパターンで見ると、チュニジア、エジプト、リビア、イエメンという政変が起きた国でロバスト性の弱さが見られる。しかし、その弱さの要因は国ごとに異なる可能性があり、一括りに結びつけるべきではないだろう。

むしろ、多くの国で共通して見られるのは、「反米感情」の大きさだろう。この点についてもっと注目し、その源泉について分析しなければならないのではないだろうか。

  この反米感情の大きさと同様の感情が、われわれの身近にもある。中国の社会空間に存在する反日感情である。
その大きさと暴力化する方向性が、時に中国の治安機能を超える状況も見られている。

日本のメディアでは、中国でのソーシャルネットサービス(SNS)の広がりによって「デモを統制できなくなる恐れがある」との指摘もなされている。

では、中国において社会のロバスト性が弱くなっているのだろうか。つまり、現在の反日デモが共産党体制の安定性を制御できないものになるのだろうか。  

現在までの、中国でのデモに関する報道を見ていると、確かに器物破壊事件は起きているが、デモ参加者は、治安機関が暴力的衝突を避けることができるとの「信頼感」を持っているようにも見える。つまり、SNSでデモ参加の呼びかけに応じて集合する人々が増えたとしても、治安機関のロバスト制御を超えた制御不能事態は起きていないと言えるのではないだろうか(一部では催涙弾も使用されているが)。

中国における大規模デモを、同国政府が操っているものだと評価したり、いつか制御できないものになると分析する論調もある。 しかし、今だからこそ冷静に中国の人々の反日感情の源泉を理解する必要性があるだろう。その一方、中国の治安面でのロバスト性の強さについて分析することも重要である。 この点は、同じ時期に起きているデモに共通するところだろう。

あわせて読みたい

「中国反日デモ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安くて高性能!防寒対策ならWORKMAN(ワークマン)がおすすめ

    かさこ

    10月28日 09:33

  2. 2

    間に合ってよかった甘利さんのポスター貼り替え

    早川忠孝

    10月28日 15:29

  3. 3

    【衆院選2021】政治に詳しくなくても楽しめる激戦予想の注目選挙区

    BLOGOS編集部

    10月28日 11:29

  4. 4

    このままでは政局レベルの惨敗に…自民党内に広がる「岸田首相では戦えない」の恨み節

    PRESIDENT Online

    10月28日 13:11

  5. 5

    「過剰な節約」で時間という貴重な資産を失ってはいけない

    内藤忍

    10月28日 12:21

  6. 6

    過去最悪の感染状況も「重症化をそこまで恐れていない」ロシアの現状

    ABEMA TIMES

    10月28日 14:44

  7. 7

    スペインの大学で開発中の人工網膜装置 全盲の女性が「見た」ものは

    島田範正

    10月28日 14:50

  8. 8

    眞子さん滞在先マンション前からの生中継も…「報じなくていい」という声にメディアは

    ABEMA TIMES

    10月28日 09:40

  9. 9

    身動きが取れないバイデン政権 支持率急落の危機

    WEDGE Infinity

    10月28日 13:13

  10. 10

    投票したい人がいないと思ったら-いい議員の探し方-

    千正康裕

    10月28日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。