記事

非効率な石炭火力の休廃止で具体策検討、有識者会議で議論=梶山経産相


[東京 3日 ロイター] - 梶山弘志経済産業相は3日の閣議後会見で、二酸化炭素(CO2)排出量が多い非効率な石炭火力発電のフェードアウトに向けて、より実効性のある新たな仕組みを導入するために検討を始めると述べた。今月中に有識者会議を設置し、議論を開始する。

新たな規制的措置の導入、安定供給に必要となる供給力を確保しつつ非効率石炭の早期退出を誘導するための仕組みの創設、再生可能エネルギー導入を加速化するような基幹送電線の利用ルールの見直しなどの検討を進める。梶山経産相は「どういう経過措置が必要なのか、どういう誘導策が必要なのか、規制や税でどういうものが必要なのか。あらゆる条件を排除せずに検討していく」と述べた。

18年度の石炭火力発電の全電源に占める割合は32%。エネルギー基本計画では、2030年度に26%にする目標を掲げている。このエネルギー基本計画には「今後、高効率化・次世代化を推進するとともに、よりクリーンなガス利用へのシフトと非効率石炭のフェードアウトに取り組む」と明記されている。

石炭火力発電については、昨年12月に開かれた国連の気候変動枠組み条約締約国会合(COP25)で日本も強い批判を浴びた。梶山経産相は「エネルギーのベストミックスのためには、ひとつひとつの電源について、放棄できるものではない。そういう中でいかに温暖化ガスの排出を少なくするかという取り組み。エネルギーミックスについては、現時点で考え方に変わりはない」としており、全廃を打ち出している欧州とは異なるスタンスをとっている。

火力発電については「調整電源や災害時の立ち上げ時の電源として重要」との考え方をあらためて示した。

代替のエネルギーについては「高効率の石炭火力もある。再稼働に向けて安全審査や整備をしている原発もある。CO2を減らすには、原子力発電もひとつの選択肢だと思う」と述べた。エネルギー基本計画では、2030年度に原子力が20―22%を占めることになっている。

また、石炭火力の輸出支援の要件については「今、議論しており、詰めの段階に来ている」とし、「現状よりも、厳格化に向けてはっきりとさせていく」と述べた。

*内容を追加します

(清水律子 編集:山川薫)

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。