記事

新型コロナ「ワクチン」「治療薬」開発はなぜ進展しないのか - 上昌広

1/2
新型コロナの治療薬として期待される「レムデシビル」。開発は他にも進んでいるが……(C)AFP=時事

 多くの先進国で「新型コロナウイルス」の第1波の検証が進んでいる。

 特記すべきは、抗体保有率の低さだ。表1に6月29日現在の主要な報告を示す。

表1

 これを見ると、集団免疫戦略を採ったスウェーデンの首都ストックホルムでさえ、5万人の住民を対象とした最大の調査の抗体陽性率は14%に過ぎなかったことがわかる。

 日本はもっと低い。4万4066人を対象とした「ソフトバンクグループ」が実施した調査で、抗体保有率は0.43%に過ぎなかった。

 集団免疫を獲得するには、スウェーデンのストックホルム大学の研究者たちが米『サイエンス』誌に発表した最も低い数字でも、43%の人が免疫を保有しなければならない。絶望的な数字だ。

ワクチン開発は至難の業

 集団免疫作戦が難しければ、ワクチンと治療薬を開発するしかない。そこでマスコミ報道を見ると、開発は順調のように思える。

「ワクチン開発急ピッチ」(『読売新聞』6月30日)

「中国生物技術、コロナワクチン治験で抗体の生成確認」(『ロイター』6月16日)

「コロナワクチン、12~18カ月で実用化目指す WHO」(『朝日新聞』6月27日)

「ワクチン、実用化前から量産準備 世界で培養タンク争奪」(同6月26日)

 こうした記事が連日のように掲載されている。

 ところが、現実は甘くない。ワクチン開発は失敗の連続だ。知人の製薬企業社員は、

「第1相や第2相試験で抗体が確認されても、その抗体が機能し、感染を予防するかは分からない」

 と言う。

 ワクチンが本当に有効か否かを検証するには、プラセボ(薬としての有効成分が入っていない「偽薬」)を用いた大規模な第3相臨床試験を行い、ワクチン投与群で実際に感染者が減るかを調べねばならない。これをクリアして初めて、ワクチンの開発が成功したと言うことができる。

 これは至難の業だ。過去、エイズ(後天性免疫不全症候群)病原体の「HIVワクチン」をはじめ、多くのワクチンが第3相試験で失敗してきた。私が知る限り、日本の製薬企業でワクチンの第3相臨床試験を成功させたのは、「武田薬品工業」だけだ。中南米諸国や東南アジアなどで「デングウイルスワクチン」の臨床試験を実施し、昨年、その成績を発表した。

 新型コロナウイルスは、突然変異が生じやすい「RNAウイルス」だ。ワクチン開発は苦戦すると予想されている。麻疹・風疹(MR)や水痘ワクチンのような「生ワクチン」、インフルエンザなどの「不活化ワクチン」(培養ウイルスを精製し、加熱やホルマリンなどを用いて感染力をなくしたもの)ならともかく、新型コロナウイルスのようにmRNAやDNAなどの一部を体内に導入し、このような塩基が作り出す蛋白が、有効かつ持続的な免疫を誘導するかは分からない。

 開発中の多くのワクチンが、新型コロナウイルスがヒト細胞に感染する際に足がかりとなる「スパイク蛋白質遺伝子」を導入した、「遺伝子組み換えワクチン」を利用している。

 ところが、スパイク蛋白質遺伝子は突然変異が生じやすい、ということが知られているのだ。前出の製薬企業社員は、

「世界中で実施されているすべてのワクチン開発が失敗しても不思議ではない」

 と言う。米「国立アレルギー感染症研究所」のアンソニー・ファウチ所長も、

「ワクチンの有効率は70~75%がいいところだろう」

 とコメントし、米国民の3分の2が接種しても、

「集団免疫を獲得することはあり得ない」

 との見解を示している。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  7. 7

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  8. 8

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    感染の慶應研修医 復帰前に処分

    NEWSポストセブン

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。