記事

透明性を欠く小池都知事のコロナ対策

新型コロナウイルスの東京での新規陽性者数が増え続けています。

今日はついに100人を超え、107人を数えました。

急増する新規陽性者数。この事態を目の前に、改めて東京アラートとは一体何だったのか、と思います。

「もう大丈夫」ということで、東京アラートは6月11日に解除されました。そして休業要請等の解除についても、同時に一気にステップ3まで進みました。

小池都知事による東京アラートの解除の判断は本当に正しかったのか、現下の状況を踏まえ、改めて再検証されなければならないと思います。

また、小池都知事は今日、現在の東京都の現状について、試行中のモニタリングの仕組みを踏まえ「感染拡大要警戒」の段階だと発表しましたが、この「感染拡大要警戒」というのが一体どのような段階で、都民が何をしなければならないのか、言葉だけが先行してしている感じで、具体性を欠き、さっぱり分かりません。

小池都政におけるコロナ対策は、透明性を欠いています。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  3. 3

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  5. 5

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

  7. 7

    西村大臣「団体旅行など控えて」

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

  9. 9

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  10. 10

    なぜ今? マスク転売の解禁に呆れ

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。