記事

「これは本当に渋谷か」70年前、渋谷のスクランブル交差点は路面電車の停留所だった 探偵気分でたどる、歴史への旅 - 杉山 淳一

1/2

 4社9路線が乗り入れる巨大ターミナル、渋谷駅が大きく変わっている。

 東急東横線の駅が地下化し、銀座線のプラットホームが移動した。JR埼京線プラットホームは山手線横に移転したばかり。駅前も再開発が進み、新しいビルが林立している。

 そんな変貌著しい渋谷駅にも都電の時代があった。都電渋谷駅前停留所があった場所は、地下鉄銀座線と首都高速3号線の間だ。線路は3本、そのうち国鉄渋谷駅側の1本は折り返しだ。高架駅時代の東横線渋谷駅の東側で、都電の車両がひしめいている。都電の渋谷駅といえば、このような写真を載せた文献が多い。路面電車としてはかなり大きなターミナルだった。

1967年の渋谷駅前停留所の様子。中央の電車は6系統新橋行き、奥の電車は9系統。左下の線路の先に34系統の折り返し線プラットホームがあった。ガラス張りの歩道橋の上に地下鉄銀座線が見える ©時事通信社

4つの運行系統が発着した

 渋谷駅前停留所を発着する都電は6系統、9系統、10系統、34系統の4本あった。このうち34系統は折り返し線路を使い、他の3系統は残り2本の線路を使った。おそらく、1本は34系統と同じプラットホーム、残り2系統は島式プラットホームの両側に割り当てられていたと思われる。

 6系統(渋谷~汐留)は宮益坂を上り、青山通りの青山6丁目交差点を右折して骨董通りへ、高樹町から六本木通りを溜池まで進み右折、虎ノ門、新橋を通って汐留に至る。現在の都営バス01系統のルートだ。

 9系統(渋谷~浜町中ノ橋)も宮益坂を上り、赤坂見附を経由して三宅坂を右折、皇居に沿って日比谷、数寄屋橋、銀座四丁目と直進して築地を左折、昭和通りを茅場町へ、隣の新大橋通りへまわって水天宮前を通り浜町中ノ橋に至る。

 10系統(渋谷~神田須田町)は三宅坂まで9系統と同じ、三宅坂で左折して内堀通りを九段へ向かい、靖国通りを東進して九段下、神保町、淡路町を通って神田須田町に至る。神田須田町はJR神田駅と秋葉原電気街の中間にある交差点だ。かつては万世橋駅や交通博物館があったあたり。都バス茶81系統が引き継いだけれど、バス路線も廃止された。

もともと玉川電鉄だった34系統

 34系統(渋谷~金杉橋)は明治通りを南進して渋谷橋、天現寺橋を通り、古川橋を左折して麻布十番付近の一ノ橋で右折、赤羽橋、芝公園を通って金杉橋に至る。金杉橋は都営地下鉄大門駅の南側、首都高浜崎橋インターの近くだ。ここから南北方向へ都電1系統に乗り換えられた。

 6系統、9系統、10系統はすべて宮益坂を上っている。この3つの系統の渋谷駅前停留所は一方通行だ。青山通りの宮益坂上で上下線が分離し、大きなループ線になっていた。

 34系統だけが渋谷駅折り返しになっている。この路線はもともと都電ではなく玉川電気鉄道の線路だったからだ。玉川電気鉄道は玉川(現・東急電鉄二子玉川駅)と渋谷を結び、さらに渋谷から国鉄の線路を潜って天現寺橋まで延伸した。途中の渋谷橋から分岐して中目黒に至る路線もあった。

 1937年に玉川電鉄は国鉄渋谷駅に隣接した玉電デパートを建設した。このときに玉川電鉄は渋谷駅で分断された。玉川方面は玉電デパート2階プラットホームを発着。天現寺橋方面はあらたに渋谷駅前停留所を作り、運行を東京都電に委託。その後都電に吸収される。

あわせて読みたい

「渋谷」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  10. 10

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。