記事

米FRB議長、5月も財務長官や有力議員と定期的に電話会談


[ワシントン 2日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が5月にムニューシン財務長官や有力議員らと定期的な対話をしていたことが、2日公表されたFRBのスケジュール記録か分かった。

5月は米国で新型コロナウイルス流行を巡る状況が好転し始めた時期。

パウエル議長とムニューシン長官が行った電話会談は16回。前月の21回から減ったものの、通常の頻度を大幅に上回っている。FRBは財務省と連携し、多くのコロナ支援策を打ち出した。

有力議員との電話会議は20回と、前月の6回から増加した。

また、新型コロナ流行の影響でトルコ・リラが下落する中、トルコ中銀総裁と電話会議を行ったほか、米資産運用大手ブラックロック<BLK.N>のラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)とも対話した。フィンクCEOとの会談は3カ月連続。FRBは緊急融資ファシリティーの一部について、ブラックロックをアドバイザーに起用している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  4. 4

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  6. 6

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  7. 7

    菅首相の庶民派イメージは偽りか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    新立民に目新しさがないのは当然

    川名 ゆうじ

  9. 9

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  10. 10

    羽生九段 2年ぶりにタイトル挑戦

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。