記事
  • SmartFLASH

プチ鹿島の「お笑い都知事選」小池百合子は?泡沫候補は?

1/2

「都知事選って、総理大臣になれない “関脇クラス” の政治家が、『ここならトップになれるかも』って出てくる選挙なんです。石原(慎太郎)さんも舛添(要一)さんも、小池(百合子)さんだってそう。

 派閥のトップじゃないから総理にはなれないけど、都知事なら箔がつく。プロレスラーのメキシコ遠征みたいなもんですよ(笑)」

 コロナ禍の真っただ中におこなわれる東京都知事選挙を、そう評するのは、“新聞読み比べ” で知られる時事芸人・プチ鹿島(50)。小池氏の圧勝がささやかれるなか、鹿島の見立ては?

「小池さんは、何もしてないんですけどね(笑)。築地も豊洲も、何も変わってないんですから。でも華やかで、“何かやっている” 感で満足させちゃう。ド派手だけど、中身はない。小池さんこそが、“本当の東京アラート” ですよね。

 話題の本『女帝 小池百合子』(石井妙子著)に防衛大臣時代の『小さな業績、大きな混乱』というエピソードが出てきますが、批判本でも書店にたくさん積まれていれば、無党派層は『人気ある』と思っちゃう」

 鹿島は、「野党系候補の争いにも注目」と言う。

「小池さんと争えるのは、山本(太郎)さん、宇都宮(健児)さんでしょう。そこに、維新から出た元熊本県副知事の小野(泰輔)さんが絡んでくる展開。この3人は、“野党三すくみ” 状態なんですよ。

 まずは、都知事選を踏み台にして国政復帰を虎視眈々と狙う、メロリンQ(山本氏の旧芸名)。“オリンピック中止” 一本槍で戦えば、青島幸男の再来もあるかもしれません。

 僕は1年前から新聞をスクラップして、山本さんを追っています。2019年の参院選直後から、山本さんは都知事選出馬の話をしていました。だから既定路線ではあるんです」

 しかし1年前の山本氏への評価は、「野党統一候補として、おもしろいよね」という論調だったという。

「そこから1年たって、野党は溝だらけなんです。新聞を読み比べると、野党内では宇都宮さんと山本さんのどっちが上にいくか、そこに熾烈な争いがある。山本さんが上にいっちゃったら、立憲とかは恥をかく。宇都宮さんが上なら、立憲・社民・共産の軸は保たれる。

 さらに、維新が狙う『東京への進出』とも絡んでくる。6月19日付の『毎日新聞』にも、『れいわ新選組の山本太郎氏が出馬したことが大きい。日本維新の会が小野泰輔氏を推薦したことも影響する。宇都宮氏が両氏に後れをとれば「次期衆院選で野党側の主導権を奪われる」(立憲幹部)と警戒する』と書かれています。

 つまり、れいわも維新も、『2021年の衆院選こそが勝負』と思っている。都知事選は、そのリサーチの意味合いもあるんです」

 野党の戦いは、2021年を見据えたもの、という見立てだ。

「維新は、大阪では(府知事の)吉村(洋文)さんがコロナ対策で人気があるけど、東京じゃわからない。だから小野さんを通じて、どれだけ票が取れるのかを見たい。維新関係者も、『首都圏進出の足がかりにしたい』と語っています。

 彼は本当は、『くまモン(熊本)』ではなく、『くいだおれ太郎(大阪)』からの刺客なんです」

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  2. 2

    コロナ利得者と化したマスコミ

    自由人

  3. 3

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

  5. 5

    周庭氏過去に「日本留学したい」

    田中龍作

  6. 6

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  7. 7

    芸人と放送作家のいびつな関係性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    トランプ氏「ハリス議員は性悪」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    宗男氏「玉木代表は保守政治家」

    鈴木宗男

  10. 10

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。