記事

新型コロナで利用増 テイクアウト時の食中毒対策を消費者庁が呼びかけ

写真AC

新型コロナウイルス感染症対策として、政府は「新しい生活様式」の推進をおこなっている。これにより外食の機会が減ったことから利用が増えているのが、飲食店でのテイクアウトだ。

ところがこれからの季節はこれまでの春先とは異なり、気温や湿度が上がってくる。必然的に、食材や料理が傷みやすくなるため、食中毒の危険も増す。これを受けて、消費者庁は7月1日、テイクアウト利用時の食中毒予防を呼びかけた。

消費者庁は今回、「テイクアウト等を利用するときのポイント」および「食中毒予防の3原則」を発表した。ぜひ参考にして、安全に料理のテイクアウトを利用してほしい。

テイクアウト等を利用するときのポイント

消費者庁によると、食中毒の予防には時間と温度の管理が重要だといい、店内で飲食をする場合よりも提供から実際に食べるまでの時間が長くなることに注意するべきだと呼びかけている。

また、食中毒菌は20~50℃の温度帯でよく増えるため、月の平均最低気温が20℃を超える7月から9月のあいだは、食中毒に気を付けるべきだとした。

消費者庁が発表したポイントは以下の4点。

・食品を購入したらすぐに帰宅し、長時間持ち歩かないようにしましょう。
・持ち帰ったら、すぐに食べましょう。すぐに食べない場合は、冷蔵庫で保存する等、長時間常温で放置しないようにしましょう。
・再加熱するときは中心までしっかり加熱しましょう。
・食べる前にはしっかり手洗いをしましょう。

どれも当たり前のことのようだが、これからの季節は気温と湿度が高くなり、細菌が繁殖しやすい環境になることから、改めて意識することが必要だ。特に持ち帰ったあと、すぐに食べないときは冷蔵庫に入れて温度を下げておこう。

食中毒予防の3原則

あわせて消費者庁が発表した食中毒予防の3原則は細菌に着目したもので、

・「つけない」:しっかり手洗い
・「ふやさない」:長時間持ち歩かない
・「やっつける」:しっかり加熱

の3点だ。わかりやすい合い言葉なので、子どもにも伝わるのではないだろうか。なかでも加熱は有効で、食中毒の原因となる代表的な細菌は加熱をしっかりとおこなえば死滅させられることが多い。

消費者庁

新型コロナウイルス下にあっても、美味しい食事を楽しむことは気分転換や生活の楽しみになりうる。日々の食事を充実したものにするためにも、テイクアウト利用時にはこれらをしっかり意識してほしい。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

  10. 10

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。