記事

北京のコロナウイルス、東南アジア由来の可能性=ハーバード大


[上海 2日 ロイター] - 中国の北京で6月初めに集団感染が起きた新型コロナウイルスについて、米ハーバード大学の研究者チームは、ウイルスが東南アジアから入ってきた可能性があるとの見解を示した。

北京では6月に大規模食品卸売市場で集団感染が発生した。

このウイルスについて、中国疾病予防管理センターは国外から入ってきたとの見解を示している。

ハーバード大の研究論文は、査読(ピアレビュー)前の論文として1日にウェブサイトに公開された。

同大学の研究チームは、北京で6月に採取した3つのウイルスのゲノム配列を、世界各地で採取した7643のサンプルと比較。その結果、北京のウイルスは欧州での2ー5月の感染、南アジア・東南アジアでの5ー6月の感染ウイルスと最も類似性が高かった。

また3月に中国国内で確認された少数のサンプルとも類似性がみとめられた。このため、北京のウイルスは最初に中国に表れたものだが、その後国外に行き、3カ月後に再び入ってきた可能性があるとしている。

論文は「直近の感染例のウイルスはほぼ(東)南アジア系統のものであることから、北京での新たな感染例は(東)南アジアから再び持ち込まれたものだ」としている。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。