記事

日経平均は小反発、国内外のコロナ感染再拡大が重荷


[東京 2日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。前日の米国株高は支援材料となったものの、投資家心理は盛り上がりに欠けた。国内外で新型コロナウイルスの感染増加が伝わっていることが重荷。今晩発表される米雇用統計や週末の東京都知事選の結果を見極めたい向きもいるという。

ロイターの集計によると、米国の新型コロナ感染者は1日、5万人近く増加し、1日当たりの感染者としては過去最多を記録。一部の州で経済活動の再開中止や制限措置の再導入の動きが出ている。日本株も鉄鋼、パルプ・紙、化学工業など景気敏感セクターがきょうは軟調な推移となった。

国内でも、NHKなどが東京都内できょう新たに107人が新型コロナに感染していることが確認されたと報じ、米株先物高に歩調を合わせて上昇していた日経平均も上げ幅を縮小した。市場からは「さすがに100人は多い。コロナがキーワードに組み込まれたアルゴリズム取引で先物が売られたようだ」(国内証券)との観測も聞かれた。

現在、東京都知事選の選挙戦が行われていることが手控えの一因になっているとの見方もあった。国内証券の関係者は「小池都知事は選挙戦中ということもあり静観を決め込んでいるものの、再選した場合はコロナ感染拡大を理由に再び各種自粛要請などを言い出す可能性がある。リスクを取りづらい」と話した。

TOPIXは反発。東証33業種では空運、輸送用機器、保険、海運などが値上がりした。陸運もしっかりした動き。前日の米国株式市場でフェデックス<FDX.N>が前日比11.7%高と急伸し、連想的にヤマトホールディングス<9064.T>が買われた。

このほか個別では、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が大幅高。海外収益拡大期待が高まったことを評価し、大和証券が1日付リポートでレーティングと目標株価を引き上げたことが材料視された。富士製薬工業<4554.T>は反発。1日、2020年9月期の連結当期利益予想を引き上げると発表し好感された。

東証1部の騰落数は、値上がり753柄に対し、値下がりが1343銘柄、変わらずが73銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22145.96 +24.23

寄り付き    22182.68

安値/高値   22,072.11─22,267.51

TOPIX<.TOPX>

終値       1542.76 +4.15

寄り付き     1543.62

安値/高値    1,536.11─1,551.36

東証出来高(万株) 135725

東証売買代金(億円) 22366.77

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  5. 5

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。