記事

役員報酬 1億円以上、1日はLIXILグループで5人開示 [2020年3月期決算 上場企業]

 7月1日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書の提出は累計2,236社が確認された。このうち、報酬額1億円以上の個別開示を行ったのは237社で、人数は485人だった。
 1日、LIXILグループが、5人の個別開示を行った。

個別開示 1社・5人

 7月1日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書で役員報酬1億円以上を個別開示したのは、社数がLIXILグループの1社で、人数が5人だった。
 2020年3月期決算で1億円以上の報酬額を開示したのは、累計で237社、人数は485人に達した。

企業別開示人数、三菱UFJフィナンシャル・グループが10人で最多

 1日までに報酬額1億円以上で開示された485人のうち、最高額は住友不動産の高島準司元会長の22億5,900万円。2位はソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ副社長COOの21億1,300万円。

3位は武田薬品工業のクリストフウェバー社長の20億7,300万円、4位はソフトバンクグループのラジーブ・ミスラ副社長の16億600万円、5位はトヨタ自動車のDidier Leroy元副社長が12億3,900万円、6位はソフトバンクグループの佐護勝紀副社長CSOの11億1,000万円、7位は武田薬品工業のアンドリュープランプ取締役が10億4,600万円、8位のソニーの吉田憲一郎代表執行役会長兼社長CEOが10億2,300万円と、8人が報酬額10億円以上を受け取った。

 企業別の開示人数は、三菱UFJフィナンシャル・グループが10人で最多。以下、ファナックと東京エレクトロン、三菱商事、三井物産が各8人、バンダイナムコホールディングスと三井不動産、野村ホールディングスが各7人と続く。

※役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。

あわせて読みたい

「役員報酬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  6. 6

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  7. 7

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  8. 8

    対中圧力で国際社会は連携すべき

    木村正人

  9. 9

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  10. 10

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。