記事

数値基準なし?!ナゾだらけの7つの「東京新指標」

1/2
昨夜、小池知事及び東京都による東京都の新指標が急きょ記者会見にて示されました。(全文こちら)

都民が、「え?!」と耳を疑われたのはきっとこの部分ではないでしょうか

小池知事「ただ一つの数字を見るのではなく、例えば大曲先生のように臨床でやっておられる、それから、都の医師会としてPCRセンターを作っていただいて動かしていただいている、そういう現場の数字や感覚なども含めて判断すべきであろうということであります。ですから、どの数字にヒットしたらスイッチをオンにするか、オフにするかということだけではなく、全体像を掴んでいかなければならないということが、今回のモニタリングの考え方のベースになってくる」
(お姐直訳:数値基準は設けません)

「数値基準がなくて、どうやって対策を講じていくのだろう」

という素朴な疑問を抱かれた方も多かったと思います。
そして、Twitter投稿にも散見されたように、そもそも長々と聞いていても結局「何が言いたいのか、したいのか、何をすべきなのかわからない」というのはイチ都民としてもお姐も感じました。

一応、都議であるお姐のところには、記者会見開始後中盤20時半ころに以下のポンチ図が届いてました。


これを見てもサッパリわからない…。
いや、益々ナゾは深まるばかり

【設置規定もない集団が調査?】

そこで、本日登庁しまして、まずは新型コロナウイルス感染症対策に対応している総務局総合防災部に連絡しましたが午前中数時間たらい回りまして結果的には福祉保健局にたどり着き、ようやく公衆衛生医師を含む福祉保健局新型コロナウイルス感染症対策担当幹部職3名に説明を聞くことができました。

まずは週1ベースの「専門家によるデータ分析」(医師や感染症の専門家が、都内の感染状況や医療提供体制について分析)

突如解散し物議をかもしましたが、なんとなく政府による「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」東京版を想像する方も多いかと思います。お姐もそう思っていたのですが、特に「設置要綱」を必要とする庁内組織を置くことは念頭にないとのこと。(驚!)

お姐心の声「そ、それでどうやってデータ分析しゅるのでしゅか…」

もちろん、「公衆衛生医師」と呼ばれる医師免許ホルダーのある都職員は150名超おりますが、彼ら彼女らは臨床の医師ではないわけですから身内だけで判断するわけはなく、恐る恐る確認してみますと…

福祉保健局「これまで新型コロナウイルス感染症対策調整本部(お姐注:入院先を探す部局横断の非公式内部・部隊、設置要綱などで定めている公的組織ではない)で保健所データをもとに、入院が必要な場合手配してきた。そのアドバイスをしている医師(10名程度、東京都医師会所属)に頼もうかと検討中。」

お姐心の声「なぬ!たった10名!!しかも、正式な機関も設けぬとわ!責任の所在も明確にならないから、東京都職員の負担はいかばかりか!」

こうした、非公式な内部部隊でデータ分析をして…。7つのモニタリング双六は一つコマに進みます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  4. 4

    アイリス新卒採用を640名に拡大

    Ledge.ai

  5. 5

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  6. 6

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  7. 7

    鎌倉時代に略語? 「を」で返事か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

  9. 9

    未だ第1波の教訓も生かせぬ日本

    門田隆将

  10. 10

    対中圧力で国際社会は連携すべき

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。