記事

「恣意的に判断すると宣言している状況」と枝野代表、都の数値基準を設けないモニタリング項目に

3/3

Q:夕方から小川先生の映画(「なぜ君は総理大臣になれないのか」)に行くのですが、ご覧になっていたら星いつくなのか教えてください

 小川さんの映画は拝見をいたしました。あっという間の時間だったという意味で、いい映画だったと思っておりますが、星いくつと言われても、そもそもあまり映画を観ないので、比較のしようがなく、なんとも申しあげられない。ただ、多くの方にご覧いただけると。特に政治に関心のない方、多くの方にご覧いただけると政治に対する認識、イメージが変わるのではないかなと思っております。

Q:衆院選の候補者調整について、一部から遅れの指摘も出ていますが、今後の見通しをどうしていきたいか

 遅れているとまったく思っていません。こういうのは早ければいいという性格のものではありませんので、遅れているとまったく思っていません。

Q:本日午前中の共同会派「立国社」の政策会議で政策の取りまとめの指示がありましたが、消費税減税について今後、野党間で意見の違いもあると思いますが、どう考えていくかを伺いたい

 私が答えるよりも、この問題に対する共産党さんの答えが正解だと思ってます。

Q:須藤元気議員の山本太郎さんへの応援について、立憲民主党の執行部批判、減税に対する考え方の違いなども発言されていますが、どう受け止められているかお聞かせください

 コメントする立場にありません。

Q:日銀短観の受け止めを。リーマンショックに次ぐ下げ幅となりました。このことについての受け止めを

 残念なことですが、想像していた状況になってしまっている。この数字を見て動いているようでは、やはり政府は出遅れた、あるいは事態を軽視していたと言わざるを得ません。
 リーマンショックを大きく超えるような事態になることは、3月4月の段階で、野党だけではなく、多くの皆さんから指摘をしていたところだと思っています。残念ながらそれが当事者の皆さんの認識として裏付けられたということ。更にきちんと、しかも世界的な需要の落ち込みが大きな原因ですので、いわゆる需要喚起策や従来の景気浮揚策はまったく意味を持たない状況であります。
 今は景気浮揚というよりも、こうした状況の中でも、事業継続ができるように、あるいは生活ができるようにという、下支えをさらに強化する必要があると思っています。

Q:前から枝野さんにはお願いをしていたのですが、野党第1党の党首として1カ月に1回だけ会見するというのは少ない。回数を増やすことはありませんか

 今のところ、考えていません。

Q:それと水曜日の2時は、玉木さんの定例の会見は決まっているのですが、これに6月の枝野さんの定例会見をぶつけたのではないかと、週刊誌の私としては見ているのですが

 そもそも7月1日という日程自体は、昨日決まったわけではなく、もっと前から決まっております。
 基本的には月末に月1回ということで、月末に行うことでありますが、いろいろな事情で月末に行わずに月始めに行っていることもあります。
 今月の場合は、週末に宇都宮広報や都議補選の応援などがあり、そこでのぶら下がりなどの機会もありましたので、それと続ける必要はない、続けない方がむしろいいのではないかということで、その段階で7月1日と決めております。
 時間については、事務局で判断していますので、ぶつかってしまったとしたら、できるだけぶつけない方が望ましいと思ってますので、それは事務的な問題だと思います。

(司会・小川淳也)まったく悪意はありませんので、一部の方に大変ご迷惑おかけしました。よくよく気をつけたいと思います。

Q:買収容疑で逮捕された元自民党の河合夫妻に関連して、妻の案里容疑者の公設秘書が公選法違反で有罪判決を受け控訴するということですが、連座制の適用対象になってることで、失職する可能性があります。その場合は補選がいずれ行われることになると思いますが、党として候補者擁立など現時点での補選への対応、どのように臨むか、現状を教えていただけますか

 この答え方は非常に難しく、河井両議員は政治的な責任を負って速やかに辞職をするべきだと考えておりますが、一方で公職選挙法違反による裁判、あるいはその連座制の裁判については、政治的な責任の問題と別に、司法手続きに基づき、その手続きを踏む権利はすべての国民にありますので、秘書が有罪判決を受け、でも確定をしていない、その後、連座制の裁判もあるという状況で、その裁判と繋げて補欠選挙がありそうだからということには答えるべきではないと思っています。
 むしろ政治的責任として、裁判の問題とは別に、一刻も早く辞職すべきであると。ただ、いま辞職をするという兆しが見えない状況ですので、もし筋通り早期に辞職をされた場合に備えた、水面下のいろいろな想定・準備を進めているということでとどめたいと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  10. 10

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。