記事

債券購入巡る独憲法裁の判断、ECBの政策に影響せず=スペイン中銀総裁

[マドリード 1日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるスペイン中銀のデコス総裁は1日、ECBの公的部門証券買い入れプログラム(PSPP)を巡るドイツの裁判所の判断について、ECBの将来の金融政策に影響しないとの見方を示した。

独連邦憲法裁判所は5月、同プログラムを巡り、ECBが政策の必要性を証明しなければ、ドイツ連銀は3カ月以内に国債買い入れを停止する必要があるとの判断を下した。

デコス総裁はエコノミストグループのセミナーで「(独憲法裁の)判断はECBの決定に全く影響しておらず、今後も影響しない」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。