記事

民事再生のレナウン スポンサー選定が難航、予定の6月末までに発表できず

 民事再生手続き中の(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、江東区)は、当初予定していた6月末までのスポンサー選定が間に合わなかった。6月30日、東京商工リサーチの取材に対し、レナウンの担当者が明らかにした。

 レナウンは6月18日、「スポンサーを選定し、適切な再生計画を策定して事業再生の道筋をつけるまでの間、運転資金を確保する」(リリース資料)ため、三井住友銀行から極度額20億円のDIPファイナンス(融資枠)を確保した。融資枠はすぐに利用せず、資金不足が生じた時に備えたものとレナウンは説明する。
 予定していた6月末までのスポンサー選定について、レナウンは「管財人が選定を進めているが、守秘義務もあり詳細はお伝えできない」としたうえで、「6月中の(スポンサー決定の)発表はない」とコメントした。

 緊急事態宣言の解除や百貨店の営業再開に加え、好調とされるECサイトでの「レナウン応援SALE」など、民事再生決定時に比べて外部環境は改善している。しかし、ブランド力の低下も背景にスポンサー選定は難航しており、アパレル名門の着地点は定まらない。


(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年7月2日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

あわせて読みたい

「レナウン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    小倉優香の降板騒動 理由は彼氏?

    渡邉裕二

  4. 4

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  5. 5

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  6. 6

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  7. 7

    大前氏 GoToは差別助長する愚策

    NEWSポストセブン

  8. 8

    地方へ責任転嫁 国の姿勢に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    舛添氏「検査と隔離に立ち戻れ」

    舛添要一

  10. 10

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。