記事

米企業、中国事業を大幅に拡大 競争力に悪影響も=米議会報告書

[ワシントン 1日 ロイター] - 米議会の諮問機関「米中経済安全保障再考委員会」は1日、米国の多国籍企業が2000年以降、中国での事業活動を「大幅に拡大」しており、米国の競争力やハイテク分野での長期的な主導権に悪影響を及ぼしかねないとの報告書をまとめた。

米国企業の中国での事業活動は、従来の製造から、研究開発など付加価値の高い分野に急速にシフトしており、これが「期せずして中国の産業政策目標の達成に寄与する」恐れがあるとしている。

報告書によると、中国内の米国の商業資産は過去20年近くで15倍に増加。米企業は現在、中国で170万人を雇用しており、被雇用者は2000年の25万2000人から600%近く増えた。

米国企業は、中国の安い人件費、スケールメリット、低輸送コスト、サプライチェーンの集積を活用して、主に中国の消費者向けの需要を満たすことに軸足を置いている。

中国では主にコンピューター、電子機器、化学製品を生産しているが、中国側の要請で研究開発への投資を増額するケースも増えているという。

報告書は「こうした企業が、米国の国内産業の競争力と中国に対する技術的な主導権に対し、間接的に悪影響を及ぼしている可能性がある」と指摘。議会に対し、米国のイノベーション力と主導権を維持する対策を講じるよう求めている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  6. 6

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  9. 9

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  10. 10

    山口達也が送っていた謝罪メール

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。