記事

EU・英の将来の関係性巡る協議、進展「極めて限定的」=独首相


[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は1日、欧州連合(EU)と英国が行っている将来の関係性を巡る協議について、進展は「極めて限定的」だとし、合意できない可能性もあるとの認識を示した。

英国は1月31日にEUを離脱。年内は移行期間が設けられており、この期間中は英国はEUの単一市場と関税同盟に残っている。移行期間が終了する年末に向け、双方は自由貿易協定の締結を急いでいる。

ドイツは1日に任期6カ月の輪番制のEU議長国に就いた。移行期間は、ドイツがEU議長国を務める間に切れることになる。

メルケル首相は議会の質疑応答で「慎重に言えば、交渉の進展は極めて限定的だ」と指摘。

「秋にも妥結できるよう、交渉を加速することを英国側と合意した」とする一方で、ドイツとEUは「合意が実現できない可能性に備える必要がある」と警告した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    トヨタ 39車種21万台をリコール

    ロイター

  10. 10

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。