記事

森友問題とメディア

「我々ははっきりと目が覚めた」
と、森友問題でメディアを賑わせた籠池夫妻が発言している。
夫妻は最近、twitterやyoutubeで発信を始めた。

森友問題については、土地取引に関して官僚の忖度をメディアが印象づけていたことは周知の事実だが、実際には今年5月に裁判で土地取引は適法だったということが認められている。
国会でも2年に渡り膨大な時間が費やされたが、結局首相の関与を示す証拠は一切示されなかった。

当時のメディアや野党は、この土地取引、そして首相夫人と夫妻のエピソードを用いて首相の関与を醸し出すことで、政権打倒、政権弱体化に繋げようとしていたのは記憶に新しい。

「森友学園」「森友学園」と執拗に政権批判のために追及していた彼らだが、一方で最近の当事者、つまり籠池夫妻の発言にはほとんど、全くといっていいほど注目しない。

少なくとも私は地上波テレビで最近の夫妻の主張を目にしたことはない。
大多数のメディアや野党からすれば、もう用済み、という感じだ。
真実が明らかになることには興味がないように見受けられる。

最近の夫妻の発言を取り上げたのは産経新聞と一部保守系の記事に限られるようだ。

夫妻はSNSを使って当時自分たちに何が起きていたかを、説明している。

あれだけ森友問題を煽り、政権批判を連日繰り返していたメディアやお抱えのコメンテーターたちが、もはや全く夫妻の発信に触れないのはなぜか?

それは今、夫妻が語っていることが「役に立たない」のか、もしくは「不都合」であるからに他ならないのではないかと思う。

籠池夫妻は「安倍首相は今もなおカウンターだ」「安倍内閣に賛同しているかというと、そんなことは全くない」と政権に対しては敵対心を持ち続けている一方で、「私をアンダーコントロールしようとした人が確かにいたが、今はそれは崩れて離れている」と、自分たちを使って政権を批判させようとした人々、左派勢力の存在を明かしているからだ。

また、夫妻のご長男、佳茂氏は、彼ら左派勢力にとって不都合な真実を発信しているが、これもメディアは全く取り上げない。

夫妻は、当時のことを「家の前にはマスコミが溢れかえっていた。そもそもそこから政権に喧嘩を売る構図を作ったのです。私達の知らないうちに仕組まれていました」と語っている。

佳茂氏は昨年の9月に「籠池家を囲むこんな人たち」(青林堂)という本を出版している。
当事者の目から森友学園問題に群がった野党議員や大手メディアを描いた本である。

籠池夫妻と佳茂氏は、一時かなり距離を置いた状態だったという。

左派勢力に洗脳され、籠池泰典氏が参議院選での首相の演説妨害を行った際、佳茂氏は「選挙妨害して。目を覚ませ」と一喝し、泰典氏は「裏切り者めが。安倍さんのポチに成り下がって」と言い返したエピソードがある。

この時は佳茂氏からすれば洗脳状態の夫妻は理解に苦しむ状態になっていたからだろう。

佳茂氏が書いた本に関しても当時は「息子の本は嘘ばかり」と読まなかった夫妻だったそうだ。

今、「目が覚めた」夫妻は長男の書いた本を熟読し、「大体、正しかろう」とコメントしている。

この本の中で佳茂氏は倒閣運動のためのみに夫妻に近づいたSというジャーナリスト、立憲民主などの野党議員、朝日新聞やNHK、東京新聞の左派を代表する記者の存在などを明かしている。

彼らが連動し、森友問題を倒閣のための一大運動へと作り上げていった。

元々、森友学園では保守的な教育を行っていたことから、夫妻は政権が擁護してくれると期待していたようだが、実際には大きな倒閣運動のエサにされたことで、政権からも突き放され、より一層倒閣運動にはまり込んでいった。

彼らは、追い込まれる籠池夫妻に対して「ひどい目に遭っているのは安倍首相のせいだ」」と洗脳を深めたという。

最も夫妻をコントロールしていたSからは夫妻が困り果てた折に資金融通の申し出もあったという。

しかし、その資金源が朝鮮総連や在日本大韓民国民団などの外国勢力だったことで、佳茂氏は危機感を覚えたという。

つまり国内左派勢力だけでなく、外国勢力も加わった倒閣運動に利用されていたことが分かったからだ。

さらに、夫妻は昨今のtwitterなどでの発信で、これらの勢力に連立与党を組んでいる公明党の関与に関しても言及している。

メディアや野党、左派勢力、そして公明党はこの一件を政権批判の材料として大々的に使っただけで、その後当事者が語る真実には全く興味がない、もしくは不都合だから報道しないのだろう。

佳茂氏は月刊誌「WILL」で、「ハッキリ言えますが、森本問題はマスコミと野党がタッグを組んで”真っ白”だった土地問題を”真っ黒”に見せかけ、これを安倍政権妥当にもっていこうとする謀略でした」 と発言している。

こういった内容を報道するのは、大手メディアにとって何故か不都合のようだ。

あわせて読みたい

「籠池泰典」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  8. 8

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  9. 9

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  10. 10

    LEXUS運転? 正恩氏に走り屋の噂

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。