記事

ネットの「誹謗中傷」と「批評」線引き、「枕営業」はアウト

誹謗中傷が木村花さんを死に追い込んだ(写真/GettyImages=共同通信社)

「お前が早くいなくなればみんな幸せなのにな。まじで早く消えてくれよ」──。毎日100件近くのこれら誹謗中傷コメントにさらされ続けたプロレスラーの木村花さんは、「死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。」という言葉を残し、22年の生涯を閉じた。

 この事件を機に、「誹謗中傷はやめよう!」という風潮が高まったが、いままた、不倫騒動を起こしたお笑い芸人・渡部建(47才)へ誹謗中傷が集まっている。「だって、渡部は叩かれるべき悪いことをしたでしょ」という大義名分を掲げて…。彼らは忘れているのか、あるいは知らないのか──。相手が誰であろうと誹謗中傷することは犯罪であり、人を死に追い込む行為だ、ということを…。

「早くなんとかしないと、死んでしまう人が出てくる。そう思っていた矢先に起こったのが木村花さんの事件でした」

 そう語るのは、2019年の「茨城県・あおり運転殴打事件」の容疑者“ガラケー女”と間違えられ、誹謗中傷を受けた女性の弁護を続けているインテグラル法律事務所弁護士・小沢一仁さんだ。小沢さんのもとには誹謗中傷に苦しむ多くの相談者が訪れる。みな一様に「知らない人から悪口を言われて怖い」「知り合いが誹謗中傷をしているかもしれないと思うと誰も信用できない」「殺すと書かれ、怖くて外出できない」とおびえ、いまにも死にそうなほど傷ついているという。

 誹謗中傷コメントを書く側は、「ムカついたから」「相手が悪いやつだから」などと安直な理由やゆがんだ正義感からの行動かもしれないが、木村さんの事件が改めて社会につきつけたものは、言葉の暴力が半ば野放しにされていていいのか、という問題提起ではないだろうか。

◆批評との線引きは心情を傷つけるかどうか

 人の社会的評価を低下させれば名誉権侵害にあたり、人のプライドを傷つければ名誉感情侵害(侮辱)に、住所や学校など公開したくないことを勝手に公にすることはプライバシー権侵害にあたる。

「たとえば、『女優××は枕営業をしている』などという書き込みは誹謗中傷にあたり、刑事罰の名誉毀損罪に問われる可能性があります。民事でも法的責任が生ずることはいうまでもありません」

 こう話すのは、タレント・春名風花、通称“春風ちゃん”の誹謗中傷訴訟を担当するサイバーアーツ法律事務所代表の田中一哉さんだ。『言論の自由』のもと、批評をしてもいいはずだと言う人もいるだろう。しかし、誹謗中傷と批評の間には線引きがあり、相手が誰であろうが、誹謗中傷は犯罪になる。では、その線引きとはどこにあるのか。

「個人の意見や感想に過ぎない場合は、原則として法的措置の対象にはなりません。たとえば、店名や所在地を挙げて『あの店の料理はまずかった』と書き込んでも、それが自身の経験に基づく正直な感想である限り、法的責任を問われません。しかし、『あの店の料理は汚物のような味がした』といった表現は営業主の感情を傷つけます。このような書き込みは、社会通念上許される限度を超える侮辱に該当すると考えられ、営業主は投稿者に慰謝料を請求できます」(田中さん)

 つまり、意見・感想なら何を書き込んでもいいわけではなく、それがたとえ事実でも相手の心情を傷つけないよう表現に気を使うべきなのだ。

 ネット上の誹謗中傷を訴えるための手続きには時間とお金がかかり、容易ではない。しかし、木村花さんの事件を受け、政府は発信者特定の制度改正を検討している。

「改正されれば、被害者はいまよりも早く加害者を特定できるはずです」(田中さん)

 ネットの匿名性は今後ますますなくなっていく。匿名性を笠に着て、卑劣な言葉のナイフを投げてくる人間を私たちは許してはいけない。

※女性セブン2020年7月16日号

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  5. 5

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  6. 6

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  7. 7

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

  8. 8

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  9. 9

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  10. 10

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。