記事

アメリカの過激主義運動「ブーガルー」に日本のネット文化が与えた影響とは 武装して警察官を射殺したメンバーも ‐ 石動 竜仁

1/2

 5月25日にミネアポリスで警官の過剰な拘束により黒人男性が死亡して以来、アメリカでは抗議活動や暴動といった混乱に見舞われている。この混乱の中、様々な勢力がアメリカ国内でひしめき合っているが、最近になってブーガルー(Boogaloo)についての報道が国内でも相次いでいる。時事通信(2020年6月22日)は次のように伝えている。

〈米国で、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件に対する抗議デモに便乗して、騒乱や内戦を画策する過激主義運動「ブーガルー」の台頭が指摘されている。新型コロナウイルス対策で外出規制を発動した公権力への不満を背景に、オンラインで勢力を拡大。賛同者が殺傷事件も起こしており、治安当局は警戒を強めている〉


ハワイアンシャツに身を包んで武装したブーガルーのメンバーたち ©AFLO

 銃で武装し、ハワイアンシャツの上にタクティカルベストを装着した奇妙な集団は、今年になって反銃規制集会、反ロックダウン集会等で目撃されるようになり、ブーガルーボーイズと呼ばれている。

警官殺害や爆破テロ計画も

 ブーガルーの語源は、1984年に公開された映画「Breakin' 2: Electric Boogaloo」からきている。出来の悪い続編を意味するネットスラングだったが、運動では第二次南北戦争(内戦)の意味で使われている。緩い繋がりを持つ運動で中心的なリーダーは存在しないが、その目的は前述の記事中にもあるようにアメリカ国内での騒乱、内戦の招来にある。その思想的背景として、資本主義のプロセスを進めることで国家秩序の徹底的な解体を目指す加速主義との関連が指摘されている。

 すでにブーガルー信奉者による死者も出ている。5月29日にカリフォルニア州オークランドで行われていたBlack Lives Matter(黒人の命は大切だ)のデモの最中に車から警官を銃撃して殺害し、さらに自宅に来た警官を待ち伏せして射殺した容疑で現役の空軍軍曹が逮捕されたが、その自宅からはボンネットに自身の血でブーガルーの隠語である「boog」と書かれた車が見つかっている。

 また、5月30日には、ネバダ州ラスベガスにおいて、デモに紛れ込み暴動を扇動するために火炎瓶を所持していた退役軍人3人がFBIに逮捕された。3人はFacebookのブーガルー関係のグループで知り合い、うち1人はグループの主宰者でもあった。暴動の扇動の他、2人は政府施設の爆破を先月から計画しており、情報を掴んだFBIにマークされていた。

 このように現在問題になっているブーガルーもそうだが、現在のアメリカの極右思想には、ゼロ年代以降の日本のネット文化が影響を及ぼしている。本稿では現象としてのブーガルー等のアメリカの極右運動に、日本のネット文化が及ぼした影響について、「ミーム」を軸として考えてみたい。

画像掲示板ふたば☆ちゃんねるから4chanへ

 2000年代の日本のネット文化を象徴するものとして、匿名掲示板の「2ちゃんねる」(現・5ちゃんねる)は有名だが、匿名の画像掲示板として「ふたば☆ちゃんねる」(2chan、ふたば)がある。

 ふたばには画像をアップロードし、その画像を「ネタ」にした書き込みやおフザけを楽しむ文化があり、日本のネット文化に大きな影響を及ぼしている。2000年代前半のネットを騒然とさせた『くそみそテクニック』等の山川純一作品や、近年では「ヨシ!」の掛け声で知られる『現場猫』も、ふたばがブーム(今風ならバズか)の発端の一つとなっている。バズるネタ画像は、インターネット・ミーム(人から人へ伝播する文化の情報単位。例えばコピペや画像)として拡散して、日本のネット文化の一部となった。

 このふたばを模倣して、15歳のクリストファー・プール氏が2003年に開設したのが英語の匿名掲示板「4chan」だった。ふたばと同様の画像掲示板であり、その楽しみ方もおフザけやジョークが根本にある。その当初は日本文化やゲーム、趣味、アダルトといった7つのカテゴリ掲示板を持っていただけに過ぎなかったが、その後4chanは世界最大の画像掲示板となり、匿名掲示板としても英語圏最大のものとなった。後に4chanに対する反発から、より自由な言論の場として、8chanが設立されている。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ポルシェ追突の男 一族は大地主

    文春オンライン

  4. 4

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  5. 5

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  6. 6

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  7. 7

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  8. 8

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  9. 9

    玉木代表は決して結論を急ぐな

    早川忠孝

  10. 10

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。