記事

ドル下落、指標堅調で安全需要後退=NY市場


[ニューヨーク 1日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では不安定な取引の中、ドルが下落した。米経済指標が全般的に堅調だった上、欧州の経済指標も改善しつつあることから、安全通貨としての需要が後退した。ただ新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかかっていないことで、ドル相場の見通しは底堅いと予想されている。

第3・四半期初日の取引となったこの日は、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなど、リスク選好度が高まった時に買われやすい通貨に対しドルが下落。ドルはユーロと英ポンドに対しても下落した。

ただアナリストは、新型ウイルス感染拡大に歯止めがかからず、ロックダウン(都市封鎖)などの措置が再導入される恐れが出ているため、ドルは再び上向くと予想。BKアセットマネジメント(ニューヨーク)のマネジング・ディレクター、ボリス・ショレスバーグ氏は「サービス産業が基幹産業となっている米国のような国では、レストランや映画館など、人との接触が多い産業が最大の雇用を創出している」と指摘。「一部の州で経済活動が再度停止されるリスクが極めて高くなっており、『リスクオフ』の動きも見られている。ドルはこうした動きの恩恵を受ける可能性がある」と述べた。

連邦準備理事会(FRB)がこの日に公表した6月9─10日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、新型ウイルス感染拡大に起因する景気後退(リセッション)からの回復に向け、FRBがあらゆる手段を行使することに広範な合意があったことが分かった。議事要旨公表を受け、ドルは円とユーロに対し下げ幅を拡大した。

このほか、企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した6月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が236万9000人増加したものの、予想の300万人増には届かず、新型コロナウイルス禍からの回復には時間がかかることが示唆された。ドル相場はこれにはほとんど反応しなかったが、米供給管理協会(ISM)が発表した6月の製造業景気指数が52.6と、前月の43.1から上昇し、景気拡大・縮小の節目となる50を超えたことを受け、安全通貨としての需要が後退し、ドルはやや下落した。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数<=USD>は0.3%安の97.15。ドルは対円<JPY=EBS>で0.4%安の107.47円。ユーロは対ドル<EUR=EBS>で0.2%高の1.1248ドル。豪ドル<AUD=D3>とニュージーランドドル<NZD=D3>はともに米ドルに対し上昇した。

ドル/円 NY午後4時 107.47/107.48

始値 107.49

高値 107.60

安値 107.37

ユーロ/ドル NY午後4時 1.1249/1.1253

始値 1.1205

高値 1.1274

安値 1.1186

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    岸部四郎さんの壮絶な借金地獄

    文春オンライン

  8. 8

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    ゴーン氏 リゾート地で悠々自適

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。