記事

立憲民主党は、衆議院選挙の前哨戦として現下の都知事選挙を活用しきれていないようだ

都知事選挙は、もう実質的に終わっている、というのが、私の見立てである。

今、懸命に選挙運動を展開している人は、来るべき衆議院選挙の前哨戦として今回の都知事選挙を見ているはずだし、もし、そういう観点を欠いて都知事選挙を戦っているとしたら、残るのは疲労感だけだろう、と思っている。

山本太郎氏の選挙運動は、結構的を射ているようだが、宇都宮氏の選挙運動はどうも焦点がぼやけているようで、次の衆議院選挙には殆ど役に立たないような気がしている。

衆議院選挙の野党統一候補の選挙運動はこんな感じになるのかな、と思わないでもないが、減税派と思われる宇都宮氏の応援のために野党陣営きっての健全財政派、いわゆる財務省と相性がいいと言われている元総理の野田佳彦氏を担ぎ出してきたのだから、不思議と言えば不思議である。

共産党と市民派グループ主体の宇都宮氏の選挙応援部隊に立憲民主党が野党会派の重鎮である無所属の野田佳彦氏を無理にくっつけたような感じだが、如何にも座りが悪そうだ。
ギクシャクしているわけではないが、どうにも違和感が拭えない。
宇都宮陣営には様々な応援弁士が登場しているようだが、どうも一体感が乏しい。

それぞれ、勝手に自分たちの選挙運動をやっているような印象である。

共産党や市民グループはそれでもいいのかも知れないが、立憲民主党にとっては殆ど何のプラスにもならないだろう。

維新推薦の小野氏の陣営は、それなりに維新の地盤を広げていくための選挙運動を展開しているようである。
吉村氏や松井氏が応援演説には来ないようだから、そう大きく支持を広げることは出来ないだろうが、維新としてはそれなりの手応えを感じていてもおかしくない。

一方、小池さんの方は衆議院選挙にはノータッチのようなので、今回の都知事選挙を最大限に活用しているのは公明党じゃないかしら、と思っている。

さて、自民党はどうかしら。
私が見ている範囲では、大して動いていない。

国民民主党も然り。

共産党は、そこそこに伸びそうだ。

結局、今回の都知事選挙で一番損をしそうなのは、立憲民主党の枝野氏、というところか。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  8. 8

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。