記事

日経平均は反落、166円安 コロナ感染再拡大への不安根強い


[東京 1日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落。米国株市場で主要3指数が続伸したことやドル/円の円安基調を支えに寄り付きでは続伸したが、その後マイナス転換した。新型コロナウイルスの感染再拡大への不安は根強く、総じて軟調な展開となった。

寄り付き前に発表された6月日銀短観では大企業・製造業の業況判断指数(DI)はマイナス34と、前回調査から26ポイント悪化した。業種別では、自動車がマイナス72(前回比55ポイント悪化)と09年6月調査以来の低水準となった。

日経平均は前営業日比50円16銭高の2万2338円30銭となり、続伸スタート。その後は積極的に買う材料に乏しく小幅高での一進一退が継続したが、徐々に値を消し後場では安値圏での推移となった。朝方円安基調となっていた為替が円高に動いたことや、時間外取引での米株先物の軟化が嫌気された。

加えて、菅義偉官房長官が午前の会見で再び緊急事態宣言の可能性もあり得るとの考えを示したことや、前場のTOPIXが0.45%安にとどまったことで日銀のETF(上場投資信託)買いに対する期待が後退したこと、東京都内で新たに60人以上が新型コロナに感染していることが確認されたことなども、売りを加速させる要因となった。

市場では「日銀短観、新型コロナの感染再拡大への懸念、香港国家安全維持法の成立など、複数のネガティブ材料が嫌気される1日となった。市場は4─6月の業績見通しに関心が向いていたものの、きょうの日銀短観を受け先行きへの不透明感が高まった。徐々に売られていく展開となる可能性がある」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏)との声が出ていた。

TOPIXも反落。東証33業種は全業種が値下がり。中でも医薬品、繊維業、不動産業、ゴム製品、パルプ・紙、水産・農林業などが値下がり率上位となった。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>などの自動車株が軟調。日銀短観で自動車の悪化が目立ったことが嫌気された。市場では「自動車については足元の悪化よりも先行きの回復期待から比較的堅調な動きとなっていたが、さすがにこれだけ悪い数値が明らかになると、株価の頭を抑えられるようだ」(国内証券)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり274銘柄に対し、値下がりが1849銘柄、変わらずが46銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22121.73 -166.41

寄り付き    22338.30

安値/高値   22,039.56─22,360.31

TOPIX<.TOPX>

終値       1538.61 -20.16

寄り付き     1562.30

安値/高値    1,533.94─1,563.10

東証出来高(万株) 118497

東証売買代金(億円) 20351.64

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  6. 6

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  8. 8

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  9. 9

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    視聴率優先でPCR推進するテレビ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。