記事

【読書感想】薬物依存症

1/2

Kindle版もあります。

薬物依存症 (文春e-book)
作者:清原 和博
発売日: 2020/06/15
メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
衝撃の逮捕から4年。執行猶予満了を迎える清原が語った、薬物依存の怖さ、うつ病との戦い、そして家族との再会―。

 2020年6月22日、執行猶予期間を1週間前に満了した清原和博さんが、CSの『プロ野球ニュース』に出演していました。
 できることなら、野球に、とくに高校野球に関わって恩返ししたい、と語る清原さんは、けっこう元気そうに見えたんですよ。
 覚せい剤も使っていないのだろうし、だいぶ「回復」してきたのかもしれないな、野球界に復帰するのは簡単なことではないだろうけれど、うまく人生をやり直してくれればいいな、と僕は感じていたのです。

 この『薬物依存症』という本、清原さんへのインタビューをまとめたものなのですが、正直、「執行猶予明け直後に本を出すなんて、商売っ気があるなあ……」なんて思いながら書店でタイトルを眺めていたのです。

 自分はこんなに頑張って薬物依存を克服しました。もう大丈夫、これからは迷惑をかけた人たちのために頑張ります!
 そんな言葉が並んでいるのだろうな、と。

 ……この本を読みながら、僕は涙が出てきて仕方がありませんでした。

 僕は物心ついてからずっと広島カープの大ファンで、西武から巨人、オリックスと渡り歩いた清原選手に愛着はまったくなく(というより、「嫌いなチームの選手」であり続けたと言って良いと思います)、チャンスで変化球に三振した清原選手が、相手投手を「ストレート投げてこんか!お前〇ン〇マついとるんか!」と恫喝した、なんて話を聞いて、なんてガラが悪いやつなんだ……」と呆れかえっていたものです。

 そんな清原さんとほぼ同世代の僕でも、覚せい剤で逮捕されてからの清原さんのこの4年間の告白には、心を動かされずにはいられなかったのです。
 将来に希望を持てるほどの残り時間もなく、さりとて、すべて諦めて「終わり」を待つには、ロスタイムが長すぎる。

「ぼく、一生執行猶予でもいいんです。友人にもそう言ったんです。もう少し執行猶予、延ばしてくれへんかなって……」

 清原和博はそう言って視線を落とした。
 2020年のある夕刻のことだった。

「最初は会う人、会う人に『もうすぐ執行猶予が明けるね』と言われるんですけど、それが嫌で嫌で……。怖いんです。だって……」

 うつむいたままの清原はいつものように黒いスポーツウェアを着ていた。
 白だとか青だとかではなく、いつも黒。
 清原がまとっていたのはこの4年間、ほとんどその一色だった。

「だってぼく、ほとんど何も変わってないんですから」

 このインタビューでは、この4年間の清原さんの苦闘の一端が語られています。
 執行猶予期間中も、覚せい剤をやりたいという誘惑に何度もおそわれたことや、うつ病で薬を飲み続けていること、支援してくれる人に対して、うまくいかない苛立ちからひどい態度をとってしまったこと、アルコールはときどき飲んでいることなど。
 
 こんな状況であっても、応援してくれる人が絶えない清原さんは「恵まれた依存者」ではないか、という気もするんですよ。世の中の多くの薬物依存者は、身内からも見放されてしまうことが多いわけですから。

 その一方で、覚せい剤での逮捕後も、どこに行っても、有名人であること、清原和博であることから逃げられないという辛さもあるのです。
 甲子園の伝説のヒーローであり、超有名野球選手だった自分と、薬物に溺れて、仕事も家族も失ってしまった自分とのギャップは、今も清原さんを苦しめ続けている。
 リセットしてゼロから……ってわけにはいかないですよね。
 だって、「あの清原和博」なんだから。

 清原さんは、薬物をはじめたきっかけを、こう語っています。

 野球をやめた瞬間からどこかぽっかりと心に穴が空いたようで、いつも何かが足りないような気がしていました。
 つまり自分がもうホームランバッターではなくなったということを受け入れることができなかった。あのホームランの快感をどこかで追い求めていた。それに代わるものを探していたんです。

 昔からぼくには趣味がありませんでした。ゴルフにもギャンブルにも夢中にはなれない。野球解説者の仕事にも、タレントとしてテレビ出演する仕事にも、没頭することができませんでした。つくづく野球にしか夢中になれない人間で、野球がなくなったことに対する空白感というのがずっとありました。結局、ぼくは自分の手にあるものに目を向けることができず、失ったものばかりに目を向けていたんだと思います。

 そしてぼくは自分のことをだれよりも強い、だれにも負けない人間だと考えていて、つまりは傲慢だったんです。
 自分が描いていた清原和博というのはこんなものじゃない。そう悩むようになって、その心の喪失感を埋めるために、夜の街に飲みに出ることが増えていきました。
 あのとき、自分はどうい人生を歩みたかったのか、よくわかりません。ただただ歓声と快感と刺激を求めていたような気がします。

 お酒の量がどんどん増えていって、溺れるようになっていきました。
 そんなとき夜の酒場で薬物を持っているという人間に出会いました。その人物は白い粉を出して、これをやれば憂うつなんか吹っ飛んでしまうと言いました。そこでぼくは本当にもう軽い気持ちでそれを手にしたんです。
 目標を持てず、何者なのかわからない自分が嫌で嫌で、そうういう自分から逃げだしたくて、酒を飲んだ勢いでやったんです。

 その1回がすべてでした。あとから考えれば、そこからはもう転げ落ちるようでした。

 「いつから」薬物に手を染めていたのか、ということに関しては、疑問が残るのですが、人間って、酒を飲んだ勢いで気が大きくなって失敗することって少なからずありますよね……どうせ俺には効かないだろうけどやったるわ!みたいな感じだったのかもしれません。
 そういう「1回」がきっかけで、清原さんは、多くのものを失ってしまったのです。

 この本を読んでいると「依存」というのはそう簡単に克服できるものじゃないんだな、ということがよくわかります。
 一進一退というか、ちょっとしたきっかけや気持ちの変化で、また、引き戻されてしまう。

 清原さんが、大阪桐蔭と金足農業との夏の甲子園決勝を観戦に行き、「逮捕されてから一度も見せたことがないような顔で笑っていた、と言われた」というエピソードが出てきます。
 清原さんは、ようやく甲子園と再会できた日、久しぶりに幸せな気分になって、美味しいお酒を飲んだそうです。

あわせて読みたい

「清原和博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。