記事

OPECとロシア、協調減産8月から縮小の公算=関係筋

[ロンドン 30日 ロイター] - 世界的な原油需要が回復し、原油価格も最安値から上向く中、石油輸出国機構(OPEC)とロシアが8月から協調減産の規模を縮小する可能性があることが関係筋の話で明らかになった。

OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は新型コロナウイルス感染拡大による需要減に対応するため、5月から日量970万バレルの協調減産を実施。減産幅は世界的な需要の10%に相当する。当初はこの規模での減産は6月末までとしていたが、7月末まで延長された。

関係筋は、この規模での協調減産を8月に入っても延長することは協議されていないとし、減産規模は12月まで日量770万バレルに設定される公算が大きいと指摘。OPEC関係筋は「需要が一段と減少しない限り、(現行の規模での)延長が決定される公算は小さい」と述べた。

OPECプラスは7月中旬に合同閣僚監視委員会(JMMC)を開き、協調減産の水準について協議する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  8. 8

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。