記事

ECB、状況に応じて危機対応策を調整=シュナーベル専務理事

[ロンドン 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は30日、新型コロナウイルス禍からの景気回復が緩慢になると見られる中、金融市場がこれにどう反応するかにより、ECBは危機対応策を調整していくとの考えを示した。

シュナーベル専務理事は国際金融協会(IIF)がオンライン形式で実施した会議で、ユーロ圏経済は2022年まで新型ウイルス感染拡大前の水準まで回復しないと予想。「回復の足取りは緩慢になる」とし、「これにより経済構造に対し中長期的な影響が及ぶ」と述べた。

その上で、ECBのパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)について、状況が十分に改善すれば予定より早く終了させられるが、 状況が悪化すれば拡充も可能と表明。現時点では現行の措置が適切と感じているとしながらも、「見通しが大きく改善すればECBは対応する」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    逃げるより賭け GoTo政策の意義

    自由人

  5. 5

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  6. 6

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  7. 7

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  8. 8

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  9. 9

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  10. 10

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。