記事

ビリー隊長も再ブレイク?「オンラインフィットネス」に挑戦してみた


皆さん、コロナ禍でかなり運動量が減ったのではないでしょうか? 私はストレスと運動不足で3キロ太ってしまい、ぷよんとぜい肉がついてしまいました。

運動不足が気になっているのは私だけではないようで、自宅で行えるオンラインフィットネスが注目されています。ビデオ通話をしながらエクササイズするものや、サブスクリプション動画を見ながらやるものなど、種類は多岐にわたります。自分の生活スタイルや住環境に合ったオンラインフィットネスはどれか? いろいろ体験してみました。

コロナ太りを実感した私


以前の私は、身体を引き締めるためにジムに通ったり、お気に入りのワークアウトのDVDや、YouTubeに上がっているフィットネス動画を見ながら部屋で運動していました。

ところがコロナ禍により、ストレスを溜めない生活スタイルを重視するようにした途端、食っちゃ寝という禁断の快楽に溺れてしまうという始末。「数カ月前は普通に着れてたぞ…これはいかん!」。明らかにデニムがきつくなったことを実感した私は、ついに重たい腰を上げました。

求む!マンションでもできるやつ


まずはYouTubeでお気に入りの音楽を流して、適当にダンス。気分的にストイックというより楽しく脂肪燃焼したいので、好きな音楽で踊りまくって汗をかこうというわけです。

しかしながら長時間ジャンプしたりステップを踏むのは、マンション住まいにはなかなか難しい。音を立てまいと、ジャンプの着地がそーっとになってしまいます。

ネットで「2週間で10キロ痩せるダンス」と話題のハンズクラップダンスなんてもっての外でしょう。SNSに「やってみた」とアップしている芸能人たちは防音つきの広い部屋に住んでいる、もしくはスタジオでやっているからだと歪んだ目で見てしまいます…。



先生とビデオ通話しながらやる「オンラインヨガ」


そこで次は「オンラインヨガ」に挑戦。もともと激しい動きが好みで、ゆっくり動くヨガにはハマらなかった私ですが、部屋で行うには一番静かでご近所にも迷惑をかけなそう。これなら安心してできそうです。

オンラインヨガの無料体験レッスンを予約してみました。カメラに生徒の全身が映っていると、先生は指示がしやすいと書いてあったので、早速部屋をお片づけ。そしてカメラチェック。

…と、ここで“ヨガって結構幅をとる”という事実に直面。ハムスター小屋のような私の狭い部屋でどうにか工夫しましたが、カメラの角度をいくら変えても全身は映らないし、背景はごちゃごちゃで生活が丸見えだし、何か理想と違う構図に…。

どアップで映し出される、狭い部屋暮らしの私


仕方なく入室すると10人ほどの参加者がいて、すでに先生と楽しそうに会話していました。リピーターが多いみたいですね。先生は肌ツヤがよく、輝いていて綺麗な方です。きっとヨガのおかげなのでしょう。

参加者は全員女性で、皆さんうまくカメラをセットして全身を映しています。そんな中、部屋が狭すぎてひとりだけめちゃくちゃアップになっている私…。目立つ!

ヨガが始まったらビデオをミュートにするつもりだったのですが、チャットボックスに「ビデオはオンでお願いいたします」と先生からのコメントが…。即座に(あ、無理だ!)と思い、気づいたら退室ボタンを押していました。

その後、先生に謝罪のメッセージをお送りしました…。

ビリー隊長を引き連れて現れた、動画フィットネス「LEAN BODY」


次に挑戦してみたのは、オンラインフィットネスサービス「LEAN BODY」です。SNSを見ていると、めちゃくちゃ広告が出てくるのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

2週間の無料体験があったので試しに登録してみました。こちらは先生と生徒がオンラインでつながる形ではなく、有名インストラクターのレッスン動画を見まくれるというものでした。生配信ではなく、Netflixみたいな感じですね。

2007年に日本で大ブームを巻き起こした「ビリーズブートキャンプ」の最新版、その名も「令和版 ビリーズブートキャンプ」もあります。外出自粛で自宅でのフィットネス需要が高まり、ここに来てビリーさん再ブレイク! 人生、何があるかわかりません。

おにぎり1個の重みを実感…


たくさんの動画の中からバイキングみたいに好みのプログラムを好きなだけ選べるので、まずは時間が短くて簡単そうなストレッチ系のプログラムをチョイス。

ところがわりと激しい動きもあって、いきなり運動したせいか身体はガクガクに。そしてプログラムが終わると「レッスン数7本 ワークアウト時間35分 カロリー150kcal消費」と表示。ここがDVDやYouTubeと違うところですね。

しかし、こんなに運動しても150kcalか…。コンビニのおにぎり1個分…。道のりは長い…。

そして気になる「令和版 ビリーズブートキャンプ」


もちろん「令和版 ビリーズブートキャンプ」にも挑戦してみました。レッスン動画は30分ほど。他の動画と違って長めです。吹き替え版とオリジナル英語版があり、細かいこだわりにグッときました。

内容は、ほふく前進とか腕立て伏せとか軍隊っぽい感じなのかと思いきや、 全身の筋肉を伸ばすような動きを繰り返すダンスっぽいものや、キックしたりパンチしたりとストレス解消要素もあります。

そして何と言っても、ビリーさんの優しさがいいですね。勝手に鬼教官なのかと思っていたのですが、「真面目すぎるぞォ~! 楽しまないと!」とか、「肩ごと下げるんだ! 腕から下げるとお腹に効かないぞ!」みたいに、生徒を励ましながら細かく丁寧に教えてくれます。

いつでもすぐにどこでもできるのがいい!


「LEAN BODY」は散らかった部屋を公開することもないですし、DVDのようにセットする手間もなくてスムーズに動画再生できるし、YouTubeのように広告が途中で流れて一時中断…ということもありません。

正直、大きな違いってそれくらいかなぁ…と最初思ったのですが、何日間かコンスタントに運動を続けられたとき、「この手間のかからなさが、続けられるキモなんだ」と気づき、感心しました。PCからでもスマホからでも、どこからでも好きな時間にすぐに再生できるのは大きいですよね。

おかげで私は2週間経った今も毎日続けられています…って、これLEAN BODYの広告じゃないですよ! 本音です!

通勤の鬼から一言

おかげさまで明らかに身体が引き締まり、普段の動きがなんだか機敏になってきました。

前回の瞑想のときも思いましたが、ビデオ通話で自分の姿を見せながらやるサービスは、私はどうも恥ずかしい…。逆に、一緒にやる人がいないとやる気が出ないという人には、ビデオ通話は向いているかもしれません。それに、部屋を常に綺麗にしておく習慣もつきそうです。

動画を見ながらやるサービスのほうが、私には相性が良いと思いました。中でも「LEAN BODY」はビリーさんをはじめ、他にもたくさんの先生がいて気分が上がります。特に「ハローエブリワン! オウラーイ、レッツゴー!」とネイティブ発音の英語を連発する、底抜けに明るいLA育ちのRISA先生にはやられてしまいました。

RISA先生のレッスンは、1日2分、ひとつの動きを20回行うだけのストレッチなのですが、めちゃくちゃキツくて、次の日も筋肉が引き締まってる感じがします。狭いマンション暮らしでもオススメです。皆さんも生活スタイルと住環境と相談しながら、相性の良いオンラインフィットネスをぜひ見つけてみてください。

あわせて読みたい

「新しい生活様式」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。