記事

シェル、コロナの影響で今四半期に最大220億ドルの減損処理


[ロンドン 30日 ロイター] - 石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は、パンデミックによる石油・ガス需要減や価格見通しの低下により、最大220億ドルの減損処理を行う見通しを明らかにした。

第2・四半期の販売量は前年比40%減の日量400万バレル程度との見通しを示し、これまでの350万バレルから上方修正した。

石油・ガス生産見通しは日量平均235万バレル。前四半期は同271万バレルだった。同社は7月30日に第2・四半期業績を公表する。

第2・四半期の減損見通しは150億ー220億ドル。

シェルは、指標北海ブレント原油の平均価格について、2020年はバレルあたり60ドルから35ドルに、21年と22年は60ドルからそれぞれ40ドル、50ドルに引き下げた。長期価格見通しは60ドルとした。

長期精製利益率見通しを30%引き下げたほか、長期天然ガス価格を100万BTU(英熱量)当たり3ドルとした。

部門別の減損見通しは統合ガス事業が80億ー90億ドル、上流部門が40億ー60億ドル、下流事業が30億ー70億ドルとなっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。