記事

「もうひとつの911テロ」後、初の官邸前金曜集会

画像を見る

父親に肩車された女の子(6歳)。父親は「子供たちのためにも原発はあってはならない。その気持ちだけで参加した」。=14日夕、霞が関。写真:諏訪撮影=

 今週火曜日(11日)、野田政権が「原子力規制委員会の発足」を閣議決定した。「もうひとつの911テロ」として歴史に名を残すであろう暴挙後、初の金曜集会が今夕、首相官邸周辺で開かれた。

 権力中枢に戦(いくさ)を挑むために陣ぶれのホラ貝を吹く会社役員(大田区・男性=70代)の姿が今回もあった。

 「(原子力規制委員会人事の)筋書きありきだった。3人は原子力村の出身。“安全だ”と言って原発を動かして行くつもりだ。すべての原発を廃炉にするまで抗議を続ける。政権に対して命を賭して孫子のために戦う。百姓一揆だ」。男性は決然と語った。

 田中俊一氏が原子力規制委員長に就任することに最も反発を強めているのは、原発事故で福島を追われた人々ではないだろうか。

 「田中俊一には私の自宅に住んで除染をしてくれ、と言いたい。家は荒れ放題で屋根が抜け落ちている。あの家のようすを政治家に見てもらいたい」。南相馬市から東京・立川市に避難している女性は怒りを叩きつけるように話した。

 彼女は原発事故後、親戚の家などを転々とし現在が6か所目だ。「ずっと農業をしてきたので、パート暮らしはしんどい」と顔をしかめた。

画像を見る

「規制委員会発足」の閣議決定から3日後、官邸前は怒りの収まらない市民で一杯になった。=永田町。写真:田中撮影=

 “主戦場”は官邸前から原子力規制委員会の準備室が入る内閣府の合同庁舎前に移った。委員長候補の田中俊一氏は昨日、福島県庁を訪れた。就任挨拶とみられている。原発を止めたい一心の市民は危機感を募らせた。

 合同庁舎前には100人を超す人々が詰めかけた。「人事案撤回」「田中(俊一氏)を降ろせ」…ドラム隊が打ち鳴らす音に乗ってシュプレヒコールが霞が関の夜空に響いた。

 「子供が考えても異常なことをしようとしている。国会も通さずに強行突破。民主主義に全くなっていない。ファシズムだ」。東京・町田市から参加した会社員(50代・男性)は唇を噛んだ。

 原子力規制委員会は国民の反対に耳を傾けず、来週水曜日(19日)に発足する運びだ。当日は官邸前などで抗議行動が行われることになっている。

あわせて読みたい

「原子力規制委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。