記事

黒人差別問題でスターバックスもSNS広告停止 臨床心理士が指摘する「感情と論理は相容れない」難しさ

1/2

 黒人男性が白人の警察官に首を圧迫されて死亡した事件を受けて全米に広がった抗議デモは今、社会に変革を迫っている。CNNによると、アメリカの長寿アニメ『ザ・シンプソンズ』は、白人以外のキャラクターの声に白人俳優を起用しないと決めたという。

 なぜ企業は人種差別問題への対応を急ぐのか。

 全米黒人地位向上協会などから、ヘイトスピーチへの対策が不十分だと指摘されたフェイスブックへは、広告掲載をボイコットする動きが広がっている。既にスターバックスやコカ・コーラなどが、全てのソーシャルメディアを対象に広告を一時停止すると発表。売上高の98%を広告収入が占めているというフェイスブックは対策強化を26日に表明したが、さらなる対策が求められそうだ。


 一方、「スキンケア商品で今後『ホワイトニング』や『明るい』といった表現を廃止する」と27日に発表したのは、世界最大の化粧品メーカーのロレアル。ロレアルは「差別反対」を表明しているが、過去には白人による人種差別を批判したモデルを解雇していたことを取り上げられ、「偽善的」だと批判を浴びていた。

 また、ユニリーバは、スキンケア商品の「ホワイト」や「ホワイトニング」の名称を変更すると発表。ジャンソン・エンド・ジョンソンも、美白製品の一部を販売中止するとしている。


 さらに、アメリカのフロリダ州・ディズニー・ワールドとカリフォルニア州のディズニー・ランドでは、「スプラッシュ・マウンテン」の題材を黒人の少女が主人公の映画『プリンセスと魔法のキス』に変更すると25日に発表した。スプラッシュ・マウンテンは1946年に公開されたディズニー映画『南部の唄』がモデルで、映画公開当時の「黒人の奴隷時代が舞台なのでは?」「黒人と白人の交流が現実的でない」などの批判と抗議により、ディズニー側は映画自体の公開を1986年に規制している。

 こうした対応について、臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は、人種差別をめぐるさまざまな意見を「論理的」「感情的」の2つの観点に分けて次のように分析する。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

  10. 10

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。