記事

米最高裁、中絶の大幅制限でルイジアナ州の法律に無効判決


[ワシントン 29日 ロイター] - 米連邦最高裁は29日、妊娠中絶手術を大幅に制限するルイジアナ州の法律を無効とする判決を下した。

ルイジアナ州は2014年、中絶手術をする医師が、手術で異変が生じた場合に周辺48キロ以内にある病院に患者を受け入れてもらう正式な提携契約を義務付ける州法を制定。こうした提携は実現がほとんど困難なのが実情で、中絶手術が実質的にできなくなっているとして、同州の中絶専門医療機関が提訴していた。

最高裁判事のうちリベラル派4人と保守派のロバーツ長官が、州法は無効との訴えを認めた。残りの保守派4人は反対した。

トランプ大統領は強硬に反中絶を唱えるキリスト教保守派を支持基盤とするため、同政権はルイジアナ州法を後押ししてきた。ホワイトハウスのマッケナニー報道官は「選挙を経ていない裁判官が中絶に前向きな自分たちの考えを押し通して中絶手術の安全性を確保するための正当な規制を踏みにじり、州政府が持つ固有の権利を侵害した」と批判を表明した。

最高裁は2016年、今回のルイジアナ州法と同内容のテキサス州の法律も無効と判断している。ロバーツ氏は当時はこの判断に反対していたが、今回はあくまで過去の判例を尊重すべきとの考えに基づき、リベラル派と歩調を合わせた。同氏は、将来に中絶制限の是非を争う別の訴訟が起きれば、そうした制限を支持する可能性に含みを持たせた形になった。

米国では1973年の最高裁による「ロー対ウェード判決」で中絶が合憲となった。92年にはこの判決を追認する意味で、女性の中絶権行使に「過剰な負担」を強いる法律の制定を最高裁が禁止している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  7. 7

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

  10. 10

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。