記事

中国が国家安全維持法案可決との報道、香港行政長官コメントせず


[香港 30日 ロイター] - 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は30日、「香港国家安全維持法案」についてコメントするのは適切ではないと述べた。中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)の常務委員会では、同法案を巡る議論がまだ続いていると説明した。

週例の記者会見で述べた。会見の直前、香港のケーブルテレビが関係筋の話として、常務委が同法案を可決したと報じた。

長官は、同法案を巡ってはさまざまな憶測や懸念が広がっていると認めた上で、詳細が明らかになった時点でコメントするとした。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

  10. 10

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。