記事

中国がウイグル人に不妊強制との報告書、ポンペオ長官「衝撃的」


[ワシントン 29日 ロイター] - 中国共産党が少数民族のイスラム教徒に対して不妊手術や中絶の強要、強制的な産児制限を行っているとする報告書について、ポンペオ米国務長官は29日、「ショッキング」で「憂慮すべき」内容だとして中国を強く批判した。

報告書は、ドイツ人研究者のエイドリアン・ゼンツ氏が新疆ウイグル自治区の状況についてまとめ、ワシントンを本拠とするシンクタンク、ジェームスタウン財団が公表した。

ポンペオ長官は、報告書の内容について、中国共産党の数十年間にわたる政策と一致しており、「命の神聖さと人間の基本的な尊厳を完全に無視するものだ」と語った。

その上で「中国共産党は、こうした恐ろしい慣行を即時停止すべき」とし「非人間的な虐待行為の停止を米国とともに要求するよう全ての国に呼び掛ける」とした。

報告書は、ウイグル自治区の2地域で出産年齢の既婚女性の14─34%を対象にした大規模な不妊計画の存在を指摘するなどしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  2. 2

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  3. 3

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  5. 5

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  6. 6

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  7. 7

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    古館氏&橋下氏が憲法9条巡り激論

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。