記事

離婚弁護士が遭遇した「不倫がバレるきっかけトップ5」

芸能人は不倫を週刊誌に報じられてしまうが、一般人の場合はどんなきっかけで不倫が発覚するのだろうか。離婚・男女問題を多く手がける弁護士の理崎智英氏が、これまで扱ってきた事例から代表的な5パターンを紹介する——。

女性と男性

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/DmitriMaruta

スマホにロックをかけても知られてしまうことがある

弁護士をしていると、配偶者の不倫(不貞)が原因で離婚に至る夫婦がかなり多いことが分かります。配偶者の不貞は、離婚理由として一番多いのではないかと思っています。

私の事務所に離婚のご相談に来られるお客さんの中でも、配偶者の不貞を理由に離婚したいというご相談が件数としては一番多いです。

配偶者に不貞が判明するケースはいろいろありますが、今回は、どのようなことがきっかけで配偶者に不倫が判明するのかについて、これまでの経験を踏まえ、配偶者に不倫が判明してしまう代表的なパターンを5つご紹介していきたいと思います。

1 メール、LINE等

携帯電話が普及してきたころから増えてきたパターンだと思いますが、妻あるいは夫が配偶者の携帯電話を操作し、不貞相手とのメールの内容を見たことによって不貞行為が発覚するというのが、私の経験上、不貞行為が判明する最も多いパターンです。

ただ、最近はスマホにロックをかけている人も多いでしょう。そのような場合には、暗証番号を入力してロックを解除しないとメール等の内容を見ることはできません。しかし、ロックを解除しなくても、待ち受け画面に不貞相手からのメールやLINEの会話の一部がポップで表示されることにより、不貞が判明するパターンもあります。

また、スマホに保存していた不貞相手と一緒に撮影した写真や動画を配偶者に見られることによって、不貞行為が判明するというパターンも結構多いように思います。

そのような意味で、スマホは不貞行為の証拠の宝庫ということができるでしょう。

ただ、不貞行為をしている人の中には、不貞相手からのメールやLINEをその都度削除していたり、不貞相手からのメール等の通知をスマホの待ち受け画面に表示しない設定にしていたりする用心深い人もいるので、そのような場合、スマホから不貞行為が判明するということはなかなかないでしょう。

「2名」と記載されたレシートがきっかけで…

2 レシートやカードの明細

夫のスーツのポケットやカバンからホテルや旅館のレシートが出てきて不貞行為が判明するというパターンもあります。自宅に送られてきた夫名義のクレジットカードの利用明細書を妻が開封したところ、見知らぬホテルの利用履歴が載っていたりしたことがきっかけという場合も多いです。

家族旅行や会社の出張等がなければ、普通はホテルや旅館に泊まることはないので、ホテルや旅館に宿泊しているということは、不貞行為を疑うきっかけとなり得ます。

また、レシートに記載されている利用人数も不倫を疑うきっかけになります。例えば、レストランのレシートに利用人数が「2名」と記載されていれば、夫が誰かと食事したことが分かります。そのレストランがカップルが行くようなおしゃれなレストランであれば、夫が配偶者以外の女性と食事した可能性が高いので、夫の不倫を疑うきっかけとなり得ます。

3 普段とは異なる生活スタイル(仕事の帰りが遅い、おしゃれに気を使う等)

夫あるいは妻が普段とは異なる生活スタイルを送るようになったということも不倫が判明するきっかけとなり得ます。

例えば、普段は夕食前には必ず帰宅していた夫が、頻繁に外で夕食を食べるようになったり、休日もよく出掛けるようになったということは、夫の不貞を疑うきっかけになり得ます。

また、おしゃれには全く気を使っていなかった妻が、急におしゃれに気を使うようになったということがあれば、妻の不貞を疑うきっかけになり得ます。

不貞を疑うきっかけさえあれば、調査会社に依頼するなどして、容易に配偶者の不貞の現場を押さえることが可能です。

独身だと嘘をつくと慰謝料を払う相手が増える

4 不貞相手からの連絡

夫あるいは妻の不貞相手から配偶者に連絡が行くことにより、不貞行為が判明するというケースもたまにあります。

不貞相手との関係が円満に解消されるようなケースでは、不貞相手が配偶者に連絡するということはあまりありません。しかし、夫あるいは妻が不貞相手との交際中、不貞相手に対して、「自らは独身である」とか「近いうちに配偶者とは別れる予定である」と伝えていたが、実際にはそのような事実はなかった場合は別です。そのような、夫あるいは妻が嘘をついて不貞相手と交際していたようなケースでは、嘘がバレることにより不貞相手が逆上し、自らの不貞行為を告白して不貞が判明するというケースが多いです。

なお、不貞相手が夫あるいは妻が既婚者であることを知らず、知らなかったことについて過失もなかった場合には、不貞行為について故意または過失が存在しないということになります。そのため、不貞相手は慰謝料の支払義務を負いません。

一方、自らが未婚であると虚偽の事実を伝えたうえで、不貞相手と交際していた夫あるいは妻は、配偶者に対して不貞行為に基づく慰謝料の支払義務を負うのみならず、不貞相手に対しても、貞操権侵害に基づく慰謝料の支払義務を負うことにもなりますので注意が必要となります。

スマホに追跡アプリを入れると犯罪になる可能性が高い

5 GPS

最近のスマホは、位置情報サービス(GPS)機能が内蔵されているものがほとんどだと思います。いつどこに行ったのかという情報がスマホあるいはクラウド上に保存されるため、例えばホテルに長時間滞在しているという記録が残っていれば、配偶者の不貞を疑うきっかけになり得ます。

私が実際に担当したケースでは、妻が夫のスマホを操作して、位置情報アプリを夫のスマホにインストールし、夫の行動を追跡していました。ある日、ラブホテルに2時間滞在していたことが分かったことから、夫の不貞行為が判明したというケースがありました。

ただ、夫の了承なく夫のスマホを操作したうえで、夫のスマホに位置情報アプリをインストールすることは、不正アクセス禁止法という法律に違反し犯罪に該当する可能性が高いです。そのため、たとえ配偶者の不貞を疑っていたとしても、そのような行為はお控えになったほうが良いでしょう。

----------
理崎 智英(りざき・ともひで)
弁護士
1982年生まれ。一橋大学法学部卒業。2010年、弁護士登録。福島市内の法律事務所を経て、現在は東京都港区の高島総合法律事務所に所属。離婚・男女問題に特に力を入れている。
----------

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  9. 9

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  10. 10

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。