記事

もっとも成功した「DX」事例と、それでも戻ってきてほしい「リアル」

1/2

「無観客」に突入して以降のJRAの健闘ぶりを見て、

「これこそが真のデジタルトランスフォーメーションだ、皆の衆、見習え!」

という趣旨のことを書いたのは、ちょうど2週間くらい前のことだったか*1

そして、5月の2週目くらいからずっと続いてきた「売上前年比プラス」の勢いは、上半期の最後の開催日まで全く衰えることはなかった。

news.yahoo.co.jp

今、ポジティブなトーンで報じても読者にはあまり喜ばれないから、なのか、見出しでは「G1では91%」という数字の方がむしろ目立ってしまう(正確には91.5%)のだが、「売得金は前年上回る」という事実は、「前年比101・5%」という数字が完膚なきまでに証明しているし、それを「入場人員前年比26・8%」、競馬場はもちろん、全国のWINSの発売窓口等、いわゆる”リアル”の販売チャンネルはすべて閉めている(したがって、開けていた時に比べればコストも大幅に削減されている)、という状況で達成しているところがとにかくすごい。

「一生に一度の記念馬券」層がいなくなるGⅠレースだけはどうしても「リアル」に比べて分が悪い、という状況も長らく続いてはいたのだが、先の週末は、とうとう夏のグランプリレース・宝塚記念で、前年を10億円以上上回る対前年比105.5%という売り上げを記録し、名実ともにデジタル路線の完全勝利となった。

もちろん、今の状況はあくまで「非常時対応」。

いずれ夏競馬が佳境に差し掛かる頃には、おそるおそる観客を場内に引き戻し、秋のGⅠシーズンを迎える頃には、「競馬場に行こう!」と呼びかける騒々しいCMが再び流れることにはなるのだろうが、そこでもまた、この一連のコロナ禍の間に開拓した新たなファン層の存在が効いてくることになるだろうから、JRAの関係者ならずとも通年の売得金がどこまで伸びるか、楽しみで仕方なかったりもする*2

これまた繰り返しになってしまうが、電話投票や、インターネット草創期の試行錯誤を経て、長年着実に投資を行ってきた結果が今ここに結実している、という歴史に敬意のまなざしを向けることも含め、この成功事例から学ぶべきことは本当に多い、と思う次第である。

あわせて読みたい

「競馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  7. 7

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  8. 8

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    すごい展開 優樹菜に芸能界驚き

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。