記事

石破 茂 氏を支援いたします

画像を見る

いよいよ今日から自民党総裁選がスタートします。私は今日までの熟慮の結果、石破茂さんを支援することにいたしました。

5人の候補者はそれぞれ有為な人材でありますが、自民党をもっとも大きく変える可能性を持っているのが石破さんだと思うからです。氏は「自民党には反省が必要だ」と訴えています。この三年間の民主党政権の力量不足は目を覆うものがありましたが、その未熟な政党に政権を許した自民党にも大きな責任があります。まずはそこに立脚しなければ党の再生はない。まったく同感です。

既に自民党の次期総選挙へ向けての政策はほとんどできあがっていますし、憲法改正草案も完成しています。憲法、外交、安保、経済、社会保障、エネルギー、教育などの各分野において各候補者間にそれほど大きな違いがあるわけではありません。注目すべきは、今後の国会対応姿勢や第三極との距離感、政権に復帰した場合の政権構想などです。

石破氏は「与野党攻防から発する『決められない政治』と決別する」ことを標榜しています。まさしくそうあるべきです。「ねじれ」を克服するための国会改革が必要です。そして、目指すべきは「理念に基づいた政界再編」です。したがって、第三極には頼るわけでも擦り寄るわけでもなく、あくまでも政策を基軸にニュートラルなスタンスを維持するとも言っています。極めて適切な姿勢であると思います。

与党をいたずらに攻撃することによって自民党の評価が高まるのではない。そこを乗り越える器量と度量、そして党利党略を越えた国益重視の姿勢を示すことによってこそ国民の信頼が戻ってくる。この三年間、私はずっとそう考え、主張し、時に行動に移してきました。その思いをもっとも共有できる候補者が石破さんであると確信するに至った次第です。

私も微力ながら石破氏の勝利へ向けて全力を尽くす所存です。皆様のご理解とご支援をよろしくお願い致します。

あわせて読みたい

「ポスト谷垣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  9. 9

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。