記事

米経済見通しに「不確実性」、コロナ制御や政府の行動が鍵=FRB議長


[29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済見通しには「著しい不確実性」が存在し、今後の動向は新型コロナウイルス制御と景気回復を後押しする政府の取り組みにかかっているとの見解を示した。

パウエル議長は30日に予定される下院金融サービス委員会での証言原稿で、経済活動はここ数週間で加速したと指摘。「予想よりも早期に重要な新局面に突入した」とし、「歓迎すべき状況である一方、コロナウイルス制御の必要性という新たな課題も提示された」と述べた。

生産と雇用が引き続きコロナ危機以前の水準を大幅に下回る中、「今後の経済の道筋は著しく不確実となっており、主にウイルス制御の成功にかかっている」とし、ウイルスが封じ込められたと確信されるまでは米経済が完全な回復を遂げる公算は小さいとの認識を改めて示した。

さらに「今後の見通しは、必要とされる期間、救済や支援策を提供する政府の政策行動にもかかっている」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。