記事

世界経済成長率、今年はマイナス4.6% 来年はプラス4.9%=フィッチ


[29日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは29日に公表した独自の世界経済見通しで、世界経済は2020年は4.6%のマイナス成長に陥るとの見方を示した。ただ21年は4.9%のプラス成長を回復すると予想している。

フィッチのチーフ・エコノミスト、ブライアン・クルトン氏は、 新型コロナウイルス感染が再度拡大し、ロックダウン(都市封鎖)などの感染拡大抑制策が再び導入され、景気回復の足取りが大幅に遅延するリスクはなお高いと指摘。「雇用情勢を巡る先行き不透明感に加え、感染拡大抑制に向けたソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)などが向こう1年半にわたり家計消費の重しとなる」と述べた。

ただ、フィッチは5月に小売販売が米国、英国、スペインなどで急増したことなどを踏まえると、経済は安定化に向かう可能性があるとの見方を示した。

国別の20年のマイナス成長幅の予想は、米国が5.6%、ドイツが6.3%、英国が9%。このほか、ブラジル、メキシコ、ロシア、トルコ、南アフリカ、インドネシアなどの成長率見通しが下方修正されたた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  5. 5

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  10. 10

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。