記事

S&P、中国の格付け据え置き 米中緊張が成長へのリスク


[29日 ロイター] - 大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、中国のソブリン格付けを「A+/A-1」で据え置いた。見通しは安定的。

S&Pは、中国が今後数年、他の中所得国と比較して平均以上の経済成長を維持すると予想。

ただ、新型コロナウイルスの流行や経済構造改革の取り組み、米国との緊張による圧力を受けるとの見方も示し、米中関係は予見可能な将来、正常化しないと予想した。

S&Pは、新型コロナ危機から回復するに伴い、2021─23年の1人当たり実質国内総生産(GDP)の伸び率は平均5.5%との予想を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  5. 5

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  9. 9

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  10. 10

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。